FC2ブログ
NHK「うたコン」に欅坂46が出るので観た。座りトークに、てち(平手友梨奈)、菅井様(菅井友香)、オダナナ(織田奈那)が登場。紅白初出場ということで、市川由紀乃さんといっしょに紹介された。



市川さんは、1993年デビューだから、23年目に紅白初出場となった。その間に、燃え尽き症候群になったり、脳性麻痺のある兄が亡くなったりしているので、並大抵の苦労ではなかったはず。その隣に結成1年でデビューの年(4月デビュー)に異例の紅白初出場となった欅ちゃんたち。そのギャップがスゴイ。w

しかも、なぜかオダナナ。てちはセンターだし、菅井様は運営の信任があついので、この人選は理解できるが、オダナナはなぜ? ネットでも「まさかのオダナナ」とか、「よそ行きのオダナナ」などと、書かれていた。しかも完全に「置物」だった。


「二人セゾン」をうたったわけだが、メンバーの識別が難しい。司会の谷原章介さんが「二人のセゾン」とタイトルを間違え、ヲタがネットで騒いでいたが、そんなことスルーである。



ねるねるね~る(長濱ねる)。



栗太郎(鈴本美愉)とあかねん(守屋茜)。


このあと、五木ひろしさんが「夜明のブルース」をうたったとき、バックダンサー的なことをやらされていた。



あかねん発見。w

ちなみに、五木ひろしさんはこのあと“Perfect Human”をうたったのだが、それを聴いていた妹が「なに歌ってもスケールが小さいな」と言っていた。


欅坂46の衣装を見て、妹が「仕立ての良い制服みたい」と言っていた。そうです。どこかの48姉妹グループのようなペラペラの衣装じゃないんです。坂道シリーズは衣装も立派。

ちなみに、美醜にうるさい妹が、「キレイな子がいない」と言っていたが、エンディングであかねんを見つけ、「キレイな子もいるんだ」と言っていた。

2016.12.06 | ├ 欅坂/日向坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7630-434de4b7