12/15に紅白に参加する48グループの選抜メンバーの中間報告が下記のように発表された。

【AKB48】18人
入山杏奈、大家志津香、大和田南那、岡田奈々、柏木由紀、加藤玲奈、木崎ゆりあ、小嶋陽菜、小嶋真子、込山榛香、島崎遥香、高橋朱里、峯岸みなみ、向井地美音、武藤十夢、村山彩希、横山由依、渡辺麻友

【SKE48】5人
大場美奈、須田亜香里、高柳明音、古畑奈和、松井珠理奈

【NMB48】12人
市川美織、太田夢莉、木下百花、渋谷凪咲、上西恵、白間美瑠、須藤凜々花、藤江れいな、矢倉楓子、薮下柊、山本彩、吉田朱里

【HKT48】11人
兒玉遥、指原莉乃、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、松岡菜摘、松岡はな、宮脇咲良、本村碧唯、森保まどか、矢吹奈子

【NGT48】2人
北原里英、中井りか

まどちゃん(森保まどか)、なっちゃん(松岡菜摘)、さくちゃん(宮脇咲良)、あんにん(入山杏奈)などが選ばれている。

オイラ的には喜んでいるのだが、あくまでも中間報告で、結果的に落選して「ぬか喜び」になるのが嫌なので、ここに書く気がなかった。

しかし、「HKTは全国区」という分析をNHKの石原真プロデューサーが書いていたので、紹介したい。

ここで気になるのがHKTの強さ。
この理由を考えてみたのですが・・・その結論は・・・

今や日本を代表するタレント指原莉乃さんの圧倒的な知名度は全国区であり、その結果HKTの知名度も全国に広がっていること。
そしてもうひとつ「HKTファンは東京(関東)が多いのではないか?」ということ。コンサートの動員など見てもそう感じます。
その結果、HKTは全国区グループであり、首都圏でも強いのではないかという推論です。

更に、九州全域がHKTの領土と考えれば更に強くなる。
つまり「AKBとかそんなに興味ないけど、投票するならHKTの子」と九州の方は考えるのではないだろうか・・・(ホークスです)
あるいは、県外選手の多い高校が甲子園の県代表になった時に、「そうは言っても故郷を応援」する感情。
全国区なんですが、地盤を固めていることも重要ということかと。

夢の紅白選抜中間発表考察 なかなか興味深い結果が・・・

石原さんは書きにくいだろうけど、TBSの「HKT48のおでかけ!」や日テレの「Hakata百貨店」や「HKT48 トンコツ魔法少女」が関東圏で放送されているので、首都圏で強いのは分かっていた。「Fまど」や「HKT48のラジオ聴かナイト」などへのメールもほぼ全国から送られてきており、東京モノレールや(NMB48をさしおいて)JR西日本のCMもしている。

ちなみに、なぜ人気があるか分からないと書かれている村山彩希さん(AKB48)は、まどちゃんといっしょに長崎観光大使に就任しているので、長崎票も入っていると思っている。

2016.12.17 | ├ HKT48 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7664-babf1c1f