前回の算数問題

ルールに従う

に続き、この手の問題は尽きないようだ。

 「時間がたつと、かげのむきがかわるのはなぜですか」――。こう問われた際、皆さんなら、どんな答えを用意するだろうか。

 「もちろん、地球が回っているから」と答える人は多いだろう。コペルニクスの時代からおよそ500年を経て、地動説はもはや常識になっている。しかし、もしあなたが日本人の小学3年生なら、先生に「誤り」を指摘される可能性がある。そんな「理不尽」とも言えそうなエピソードが、あるツイッターユーザーに報告された。

 「僕は間違っていると思う」と強い調子で訴えるのは、ある男性ツイッターユーザーだ。男性は2016年12月18日、小学3年生になる息子の答案用紙を写真で投稿した。理科のテストなのだろう。かげの向きが時間の経過で変わる理由を、地球と太陽の関係から導き出す設問だ。

「時間がたつと、かげのむきがかわるのはなぜですか」

これに対し、小学生の息子は「地球が回るから」と回答。しかし、採点で「×」となり、「太陽が動くから」と修正されている。さらに教師は、「学習したことを使って書きましょう」との注意書きを追記した。

  男性は、この採点基準を「『地球の自転』をまだ習っていないという理由で、『太陽が動く』と答えろという教育」だと批判。すると、これに同調する教育関係者も出てきた。

     (中略)

  しかし、ツイートのリプライ欄には、こうした同調意見とともに、男性への厳しい指摘もまた多数寄せられた。

「影が動くことから直接地球が動くことと繋げるのは論理の飛躍がある」

「問いは影の向きであって、影を作る要因となる太陽が文字として書かれないと正解とは言えない」

  主な理由として、「地球が回る」では自転なのか公転なのか判断できない、地球の自転を理解するのに必要な「天球」の概念が把握できているか分からない、といった点が挙げられた。つまり、「地球が回る」と回答するならば、説明を補足すべきというわけだ。

影の向き変化理由「地球が回るから」は「×」 こんな小学校教育は問題ないのか

この問題、数日前にツイッターでリツィートされていて知っていたが、ネットニュースに載るほどだとは思わなかった。

たしか、疑似科学批判カイワイが天動説=疑似科学を学校で教えるとは何ごとだと騒いでいた。まあ、そこは、所詮、疑似科学カイワイなので、天動説=疑似科学と罵っていたが、天動説が疑似科学だったら、天気予報も疑似科学ということになってしまう。

地動説は正しく、天動説は間違っているというのが、現代人の常識である。しかし、地動説と天動説は一定の補正を加えれば、一対一に対応するので、どちらかが正しくどちらかが間違っているとは簡単には言えない。

その補正の一つが惑星の運行であるが、天文学者と(疑似科学カイワイがもっとも嫌いな)星占い以外には大して影響を与えない。惑星の運行というのは、天動説がもっとも苦手とする部分であり、地動説を唱えたガリレイも木星の衛星が木星の周りを回っていることを望遠鏡で見て、地動説を補強する根拠とした。

もう一つが、転向力=コリオリの力で、こちらは天気予報に欠かせない。しかし、たとえば、台風の動きは、地球を不動のものとして考え、転向力で補正した方が簡単に予想できる。これを地動説で説明するとなると、たいへんなことになってしまう。天動説で行うから、天気予報が間違っているという人は誰もいないだろう。

相対性理論が出てきたからといって、ニュートン力学が否定されたわけではないし、量子力学が出てきたからといって、相対性理論が否定されたわけではない。加えて熱力学が存在するが、これらは互いにちょっとずつ矛盾している。

太陽の影を説明するのには、天球を使った天動説の方が説明しやすいので、そのように学校で教えているのだが、やはり疑似科学カイワイは科学がよく分かっていないようだ。

2016.12.20 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7672-1f23679b