板橋区議である松崎いたる氏の存在は、オイラと悶着wのある井上靜氏のブログで知った。

 松崎区議は、元職員がナノ銀と呼ばれる微小な銀を放射性物質の除去に利用できると説いたことに対し、非科学的であると批判したところ、元職員から訴えられたという。

 そして、同じ批判をしている人は他にもいるのに自分だけ訴えられたと言い、また、科学的に正しいかを裁判で争うのは不適切だと主張し、これをツィターなどに投稿している。

 それならば「自分は正しくて、他の人も同じことを言っている」と言うだけでなく、適切で穏当な批判をしたことを説明しなければならない。それを松崎区議はしないのだ。


 そして訴状を読むと、やはり科学的に正しいかどうかという問題ではなかった。この訴状には複数の弁護士名が元職員の代理人として載っていて、そのうち誰の作文かは不明だが、法律用語の羅列ではない判り易い文書だった。だから松崎区議が読んでも理解できないということは考え難い。

 なのに、松崎区議は肝心な部分を出さず、争点ではない科学的な正しさを言ってばかりであった。

 この訴状によれば、やはり被告松崎議員が訴えられた原因は、原告を批判しただけではなく、口汚く罵ったうえ、さらに憶測や連想により被告ママを貶める事実を公然と摘示したということであった。

 そもそも原告の元職員は、博士号を持つ研究者でもあり、その本業で使用していたナノ銀が、放射性物質の除去に使えるという人の話を聞いた。これは俗によく言われていることで、独自に研究したという人もいる。それで原告も、自分の親が福島県の出身ということもあって興味をもち、自ら実験したところ数値の低下が見られた。なので、詳しいことは不明だが、不可解でもいちおう効果はあるといえ、利用したらよいと提唱した。これに基づきいわゆる実験キットのように商品化した業者もある。

 だから、原告は不可解であることを前提にしながら、なんらかの効果があることが実験の結果に出ていると言っているのだ。これについては賛否双方から色々と推測されている。

松崎いたる共産党板橋区議会議員が訴えられた件

原理はよくわからないが、とにかく効くというものが、この世の中にはいくつかある。がん治療で使われる丸山ワクチンなどがそうで、舛添要一前都知事の師匠であった篠原一氏などは、本人も丸山ワクチンの投与を受け、患者・家族の会の会長までしていた。全身麻酔なども、効く原理がよくわからないにもかかわらず、普通に利用されている。ナノ銀が、そのようなものか、はたまた常温核融合のようなデータの間違いによるものなのか、わからないが、それをもってニセ科学とは判断できない。それを口汚く罵ったり、憶測や連想で貶めたら、名誉毀損で訴えられてもしょうがない。
松崎区議は、日本共産党の議員だったが、反党的な行動が目立ち、党内でも問題になったようだ。

日本共産党の松崎いたる板橋区議が党内でも問題に

そして、共産党とは別の会派をつくり、共産党から除籍処分を受けた。

日本共産党の松崎いたる板橋区議が無所属に
日本共産党の松崎いたる板橋区議が無所属に(続き)

すると、松崎区議の除籍処分に対して、左巻健男・菊池誠・大石雅寿らニセ科学批判クラスタが共産党を非難しているという。

 また、板橋区議会の問題では、普通なら、自らの所属する政党が議会への対応で決定したことに対し、他のことはともかくこれだけは自分の拘りや信念からどうしても駄目ということがあった場合、その問題だけ採決を棄権し退席するものだが、松崎いたる板橋区議は一方的に会派離脱した。

 そこまでするのは、おそらく他の事でも共産党と合わなくなったのだろう。現に松崎区議の発言には、それを臭わせる言動がある。そうだとしたら会派離脱はむしろ当然であると同時に、党の公認で当選したのだから議員を辞職するべきではないか。


 ところが、これについても左巻や菊池や大石らが勘違い発言をしている。彼らは、松崎区議が共産党から除籍という処置をされたことについて、共産党が異端をパージしたと受け取っているようで、そういう意味である以外には文理上ありえない発言をくりかえしている。

松崎いたる板橋区議を擁護し共産党を非難する左巻・菊池・大石らの勘違いと頭の程度

つまり、松崎いたる問題とは、ニセ科学批判クラスタの問題である。ニセ科学批判クラスタは、彼らがニセ科学であると見なした人物を徹底的に叩くわけだが、その叩き方が常軌を逸していて名誉毀損で訴えられたりする。すると、叩き方が酷いので訴えられたのに、ニセ科学批判したから訴えられたと、問題をスリカエるのだ。また、党の規律違反で除籍されたのに、ニセ科学批判したから除籍されたと、これまた、スリカエを行う。

村中璃子=中村理子も池田修一信州大学教授から訴えられているが、データ改ざんがなかったにもかかわらず、不正行為をしたと『Wedge』に書いた。キモチ悪いのは、村中もニセ科学批判クラスタが擁護していることだ。ここでも、村中が根拠なく不正だと書いたことが原因なのに、研究不正を糺したから訴えられたと、スリカエられている。

問題なのは、この手の問題が起きたときに、その背景もろくに調べずに、リツィートしたり、擁護記事を書いたりする連中がいることだ。宇都宮の自爆オジさんなど、いまだに妻子がカルトに騙され、それが原因で自爆したと信じている連中がいる。これなど、自爆オジさんがわざわざ本人調書をアップしてくれているんだから、読めば、オジさんがオカシイことくらいすぐにわかるのだ。

ところで、元職員が板橋区を相手に行った訴訟があり、そのうち元職員の未払い残業代にかんする部分で和解が成立し、共産党もそれに賛成することになったのだが、それが松崎区議は気にくわなかったらしい。これについても、ニセ科学批判クラスタが怒りを爆発させている。

しかし、この和解は、実質的には原告勝訴なので、裁判を続けても勝てる見込みはない。



だから、区も和解に応じ、区議会も(共産党も)それを承認することになった。つまり、ニセ科学を容認したという話ではないのだ。ところが、ニセ科学批判クラスタは、共産党がニセ科学を容認したと怒っており、それを擁護する連中が、和解内容もろくに知らずに、騒いでいる。

ニセ科学批判に限らないが、この手のスリカエがネットではしばしば見られる。これに対抗するには、メディア・リテラシーを高めないとダメなのだが、現実はそのようになっていない。

2016.12.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7681-fcc8c14c