子宮頸がんワクチン副反応問題で、厚労省の研究班(研究代表者・祖父江友孝)が報告を行った。

 子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に健康被害の訴えが相次いでいる問題で、厚生労働省の研究班(研究代表者=祖父江友孝・大阪大教授)は「ワクチン接種歴がなくても同様の症状をもつ子どもが一定数存在した」とする研究結果をまとめた。「この研究では接種と症状との因果関係には言及できない」としている。同省の専門家検討部会で26日午後に議論する。2013年から中止されている接種勧奨を再開するかについて、厚労省は「ただちには判断しない」としている。

 調査は、全身の痛みや運動障害などが3カ月以上続き、通学や仕事に影響があるとして、昨年7~12月に受診した12~18歳の子どもの有無を、小児科や神経内科など全国の約1万8千の診療科に尋ねた。

 その結果、接種後に症状を訴えた女性は人口10万人あたり27.8人だったのに対し、接種していない女性では同20.4人だった。接種対象ではない男性でも同20.2人いた。

 症状でみると、頭痛や腹痛は接種の有無によらず同程度だったが、全身の痛みや歩行障害などは接種後の女性の方が割合が高かった。

 研究班は、接種勧奨の中止で女性の接種者と非接種者の年齢構成が異なることや、報道などをきっかけに接種者の方が症状を訴えやすいなどの偏りがあり、接種歴の有無による違いを「比較できない」とした。

 同ワクチンをめぐっては、接種後に体の痛みなどの訴えが全国で相次ぎ、厚労省が13年6月、定期接種の対象には残しつつ、積極的勧奨を中止した。勧奨再開を判断する検討部会で「接種がなくとも同様の症状を訴える子どもはいるのではないか」との指摘が出て、統計の専門家や神経内科の医師らで構成する研究班が今年1月から調べていた。(竹野内崇宏)

2016年12月26日14時46分
子宮頸がんワクチン後の症状、接種歴ない子にも

要するに、「ワクチン接種歴がなくても同様の症状をもつ子どもが一定数存在した」が、「この研究では接種と症状との因果関係には言及できない」とのこと。

朝日新聞はまともな方で、「ワクチン接種歴がなくても同様の症状をもつ子どもが一定数存在した」ばかり強調している新聞もある。

資料の結論部分は以下のとおり。クリックすると大きくなる。





「個別症状の割合」を示した部分は以下のとおり。





朝日新聞は控えめに書いていたが、「頭痛」「腹痛」「体温の異常(平熱より低い)」「過食」「食欲の増減に見合わない体重の増減」以外の症状で「接種歴あり」が多いのだ。

しかし、個別症状の《グラフ内の割合(%)は、各症状の有無が「不明」を除いた者を分母として算出》しているので、接種歴《なし/あり/不明》の割合にサンプル数をかけて《なし/あり/不明》の実際の人数が出ないようにしている。わかると困ることでもあるのか?と疑いたくなる。

「症状の全体的な傾向と就学・就労状況」は以下のとおり。



「症状の数別にみた割合」を見ると、「接種歴あり」は10以上の症状が56%もある。また、「自宅での過ごし方(就学・就労状況で「ほとんど休んでいた」場合)」を見ると、「接種歴あり」が「ほとんど1日中臥床」が23%と《なし/不明》よりも多い。

どうみても、「接種歴あり」の方が、重篤で、症状が多岐にわたっているんだが、それでも「ただちには判断しない」のだな。


利用した資料(PDFファイル)は以下からダウンロードできる。

厚生労働省 全国疫学調査「子宮頸がんワクチンの有効性と安全性の評価に関する疫学調査」(2016年 12月 26日)

2016.12.27 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7685-674fa169