今回の紅白歌合戦はグダグダとの批判があるらしい。

  2016年の大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」。大ヒット映画『シン・ゴジラ』とのコラボ企画をはじめ、目新しい企画が数多く盛り込まれた内容となった一方で、視聴者からは「なんかグダグダだな」「明らかにリハ不足」との感想も目立った。

  確かに、4時間30分に及ぶ長い放送中には、ネット上で飛び交った「グダグダ紅白」という揶揄の声を象徴するようなシーンがいくつも見られた。

今回の紅白「グダグダ感」の正体 鴻上尚史氏「人間の生理無視」

その内容については、このリンクの続きを読んでもらえばよいのであって、オイラ的に「これは…」と思ったことを書きたい。

上の画像はリハーサル・シーンだ。いちばん左に欅坂46、その隣に乃木坂46、そしてAKB48と続くわけだが、その欅ちゃんたちを大きくすると、下のようになる。



欅ちゃんたちの後に男性がいて、その左隣に白いマスクをつけてプラカードをかけた女性がいる。男性もプラカードをかけているが、ねるちゃん(長濱ねる)がじゃまで見えない。

この画像ではわからないが、女性のプラカードに「菅井」と書いてあり、男性のにはおそらく「守屋」と書いてあるはずだ。なぜなら、本番ではそこに菅井様(菅井友香)とあかねん軍曹(守屋茜)がいたから。w

そして、本番で何が起きたか?



関ジャニ∞の歌のとき、KinKi Kids の堂本剛くんが、欅坂46に混ざって、立っていたのだ。w これは気がつかなかった。w あとで、欅ヲタのまとめを読んで知ったのだ。w しかも、これはNHK側の要請らしい。NHK、何考えているんだ!wwwww

これには伏線があり、紅白初出場歌手の KinKi Kids の紹介で、光一くんが立ったのに、剛くんは立たず…



服の色が被ったので「ついつい自分が欅坂さんの方だと…つい勘違いを…」とボケたのだった。w

これは酷い。グダグダだ。しかし、なんか楽しい。楽しめれば(・∀・)イイ!!んじゃないの?w

2017.01.03 | ├ 欅坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7704-60b202b6