あかねん軍曹(守屋茜)の実家の隣に遺跡があると書いたが、発掘報告書があったので、読んでみた。

今から約1300年前、実家の東隣に四面廂建物があった。四面廂建物とは、母屋の四面に庇のある建物で、寝殿造りの元になったものだ。

四面廂建物(SB1250)の図面


四面廂建物跡(南から撮影)


北1東1の廂柱穴の断面(西から撮影)


北2東2の身舎柱穴の断面(南から撮影)


発掘報告書が書かれた時期、もちろん軍曹は生れていないが、実家の土地には別の建物があった。軍曹の家族が住んでいたかは不明である。

ちなみに、この遺跡を写した某画像には、現在の実家がしっかり写っていて、驚いた。驚いたのは、薪の数の多さなんだけどね。w

2017.01.10 | ├ 欅坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7726-bec4b23e