パーマ大佐という芸人が歌う「森のくまさん」のパロディー作品が元歌の歌詞の翻訳者から訴えられた。



森のくまさん / パーマ大佐
 米国民謡だった童謡「森のくまさん」を巡り、歌詞を翻訳した馬場祥弘さん(72)=大阪府=が18日、歌詞を無断で改変されたとして、パロディー作品を作ったお笑い芸人のパーマ大佐さんと大手レコード会社「ユニバーサルミュージック」(東京)にCDの販売中止を求める通知書を送った。馬場さんの代理人を務める三木秀夫弁護士が明らかにした。

<森のくまさん>替え歌CD販売中止を 歌詞翻訳者が要請

この事件について、弁理士でITコンサルタントの栗原潔氏はつぎのように解説している。

パーマ大佐という芸人さんが作った有名な唱歌「森のくまさん」のパロディ作品が同一性保持権侵害であるとして、原曲の訳詞者がCDの販売差止めと慰謝料支払いを求めるという事件がありました。

同一性保持権とは著作権法に定められた著作者人格権(著作者の名誉やこだわりに関する権利)のひとつです。要は他人の著作物を無断で変えてはいけないということです。

     (中略)

音楽の世界に既存作品のアレンジやパロディは付き物なので、同一性保持権が問題になることはよくあります(たとえば、大地讃頌事件、おふくろさん事件、「会いたい」事件)。今回の事件は、元曲はそのままで、勝手にBメロが付け足されたということで、作詞者の許可なくバースが付け加えられた「おふくろさん」の件にもちょっと似ています(おふくろさんのケースと比較すると追加された部分がはるかに多いという違いはありますが)。

     (中略)

実際に裁判に持ち込まれるとパーマ大佐側はちょっと厳しい案件ではないかと思います。ただ、上記記事においてCD発売会社のユニバーサルは「適切な手続きを踏まえて発売した」と言っているので、当事者間で「許可した・してない」の争いになる可能性はあるでしょう。

「森のくまさん」事件を著作権法的にちょっとだけ詳しく検討する

このなかで気になったのがつぎの一文だ。

また、訳詞者として権利主張されている馬場祥弘氏が真正の権利者なのかという点についての疑義があるようですが、ここでは、そういう話があるということを述べるに留めておきます。

どーゆーこと? そこで、「森のくまさん」について調べてみた。w
我々の知っている「森のくまさん」とはこのような歌だ。



森のくまさん / 作詞:馬場祥弘

かなり支離滅裂な歌詞なのだが、宮台真司氏もそのことを指摘している。

■謎なのは原詞ではなく、「ケメコの歌」で知られる馬場祥弘の訳詞(というか創作詞)。熊さんがお嬢さんにお逃げなさいと諭す。ところが、逃げるお嬢さんの後を熊さんがついて来る。イヤリングの落とし物だという。喜んだお嬢さんは、熊さんに歌を唄ってあげる。

■おかしい。熊の行動もお嬢さんの行動も解離している。自分は「怖い熊」だと言うが、親切を施すのは「怖くない熊」だから。「怖い熊」だと納得して逃げたお嬢さんが、直後に一緒にラララ…と唄うのは「怖くない熊」だと思うから。どうにもつじつまが合わない。

     (中略)

■最後に馬鹿説。熊さんもお嬢さんもイイカゲンで支離滅裂なのだとする説。ネット上では筆先三寸さん(リンク切れ)がこの説を挙げた上で否定し、鉄砲説の類似説(熊さんではなく別のものが危険だから逃げなさい)を語る。

■私は昔から馬鹿説──解離説と呼ぶべきか──だと感じる。長じてギリシア神話や記紀神話などを知るにつけて、益々そう思った。古い神話では人も神も行動が支離滅裂(であるが故に神は非超越的)。「〈世界〉は確かにそうなっている」との納得を与えるためだ。

「サードオーダー」問題に関連する文章を書きました

宮台氏も指摘しているように、この歌詞は、アメリカ民謡であった元歌の歌詞とはまるでちがった内容なのだ。


The other day, I met a bear,
A great big bear, A way up there.
He looked at me, I looked at him,
He sized up me, I sized up him.

ある日クマと出くわした
かなりデカい熊に 道の途中で
クマは僕を見て 僕も熊を見た 
クマは僕を見定めて 僕も熊を見定めた

He says to me, "Why don't you run?"
"'Cause I can see, you have no gun."
I say to him, "That's a good idea."
"Now let's get going, get me out of here!"

クマは言った 「逃げなくて大丈夫?」
「だって君は銃を持っていないみたいだから」
僕はクマに言った 「そりゃいい考えだ」
「それじゃ早速逃げるとしよう」

I began to run, away from there,
But right behind me was that bear.
And on the path ahead of me,
I saw a tree, Oh glory be.

僕は走って逃げ出した
でもすぐ後ろにはあのクマが
道の先には木があった
ありがたい

The lowest branch was ten feet up,
I'd have to jump and trust to luck.
And so I jumped into the air,
But that branch away up there.

低い枝でも3メートル
運にまかせて大ジャンプ
体は宙を舞ったけど
あの枝まではとどかない

Now don't you fret, and don't you frown,
I caught that branch on the way back down.
That's all there is, there ain't no more,
Unless I meet that bear once more

心配しないで 機嫌を悪くしないで
倒れかけながらも なんとか枝をつかめたんだ
僕の話はこれでおしまい これ以上は何もないよ
またどこかであのクマに出くわさない限りね

馬場氏が訳したアメリカ民謡の内容とは?

※ このブログに合わせるため、改行を変更した。

《僕が、森でクマに遭い、クマに追われ、木にジャンプして助かった》という内容。「白い貝殻の小さなイヤリング」も「お礼に歌いましょう」も出てこない。それどころか、クマに遭ったのは「お嬢さん」でもない。

馬場氏は、パーマ大佐の「森のくまさん」を同一性保持権侵害で訴えているくせに、自分も元歌の歌詞の同一性保持権を侵害している。まあ、アメリカ民謡なので、誰にも訴えられないからね。w

ところで、馬場氏訳とされる歌詞も、NHK「みんなの歌」で紹介されたときは、作詞者不明で「作詞・作曲:アメリカ民謡」と紹介されていた。そこで馬場氏が自分の作品だと主張したが、その際、ちゃっかり作曲も自分だと言い張ったので、一時期「作詞・作曲:馬場祥弘」となっていた。その後、元歌があることがわかり、「作詞・作曲:アメリカ民謡/訳詞:馬場祥弘」となったのだ。

このような経緯があるので「訳詞者として権利主張されている馬場祥弘氏が真正の権利者なのかという点についての疑義がある」という話が出てくるのだ。


なお、「森のくまさん」にかかわる話については、こちらの記事が詳しく、参考にさせてもらった。

森のくまさんの謎|お嬢さんお逃げなさい、いや、お待ちなさい?|あらくまさん、ありがとう。お礼に歌いましょ♪



<森のくまさん>替え歌CD販売中止を 歌詞翻訳者が要請
毎日新聞 1/19(木) 9:34配信

 米国民謡だった童謡「森のくまさん」を巡り、歌詞を翻訳した馬場祥弘さん(72)=大阪府=が18日、歌詞を無断で改変されたとして、パロディー作品を作ったお笑い芸人のパーマ大佐さんと大手レコード会社「ユニバーサルミュージック」(東京)にCDの販売中止を求める通知書を送った。馬場さんの代理人を務める三木秀夫弁護士が明らかにした。

 馬場さん側は、通知書が届いてから2週間以内に対応がない場合、提訴や刑事告訴に踏み切るとしている。

 三木弁護士によると、訳詞者として著作権を持つ馬場さんは昨年11月ごろ、日本音楽著作権協会を通じ、ユニバーサル社から歌詞の改変許可を求められたが断ったという。だが、同社は昨年12月、パロディー作品のCDを発売した。

 作品は、警察に追われる主人公をクマが守るなどの内容で、別の歌詞やメロディーが加えられたが、訳詞者欄に馬場さんの名前が記載されていた。

 馬場さん側は通知書で、著作権法で定められた著作者の人格権を侵害されたと主張。CDの回収と慰謝料300万円の支払いも求めている。

 ユニバーサル社は「適切な手続きを踏まえて発売した」とコメント。パーマ大佐さんが所属する太田プロダクションは「手続きはレコード会社に委ねている」との談話を出した。【原田啓之】



「森のくまさん」事件を著作権法的にちょっとだけ詳しく検討する
栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
1/19(木) 13:16

パーマ大佐という芸人さんが作った有名な唱歌「森のくまさん」のパロディ作品が同一性保持権侵害であるとして、原曲の訳詞者がCDの販売差止めと慰謝料支払いを求めるという事件がありました。

同一性保持権とは著作権法に定められた著作者人格権(著作者の名誉やこだわりに関する権利)のひとつです。要は他人の著作物を無断で変えてはいけないということです。
20条1項 著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。
音楽の世界に既存作品のアレンジやパロディは付き物なので、同一性保持権が問題になることはよくあります(たとえば、大地讃頌事件、おふくろさん事件、「会いたい」事件)。今回の事件は、元曲はそのままで、勝手にBメロが付け足されたということで、作詞者の許可なくバースが付け加えられた「おふくろさん」の件にもちょっと似ています(おふくろさんのケースと比較すると追加された部分がはるかに多いという違いはありますが)。

しかし、おふくろさん事件もそうですが、裁判になって判決まで行ったものが少ないので、特にパロディ音楽が法律的にどの程度許容されるかは明らかではありません。

元の詞がそのまま残っているので改変には当たらないのではないかという説も聞かれるようですが、上記の条文上「変更、切除その他の改変」となっていることから、変更・削除以外の行為も改変に含まれ、追加を排除する理由はありません。実際、音楽分野ではないですが、写真に勝手に解説文を付け加えたことが同一性保持権の侵害にあたるとした判決(反対論が多いですが)もありました。

なお、「引用」を議論に持ち出す人がいるかもしれませんが、著作権法上の引用(32条)は「報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるもの」であることを要件としていますので、今回のケースには適用できないと思います。

実際に裁判に持ち込まれるとパーマ大佐側はちょっと厳しい案件ではないかと思います。ただ、上記記事においてCD発売会社のユニバーサルは「適切な手続きを踏まえて発売した」と言っているので、当事者間で「許可した・してない」の争いになる可能性はあるでしょう。

また、訳詞者として権利主張されている馬場祥弘氏が真正の権利者なのかという点についての疑義があるようですが、ここでは、そういう話があるということを述べるに留めておきます。

なお、法律上は(無断で)改変しただけで権利侵害になってしまいますので、CDを出さずにライブでやるだけならよいとか、非営利ならよいとかそういうことはありません(CDを出さないなら権利者が大目に見てくれるというような権利者の心証に関する話は別です)。さらに言うと、法律を文言どおりに解釈すると(私的行為は対象外とするという規定がないため)自宅の風呂場で替歌を歌っただけでも同一性保持権を侵害することになってしまうのですが、これは、実際に問題になることはないでしょうし、法律のバグととらえるしかないでしょう。

最後に、今回の件には直接関係ないですが、(たとえば嘉門達夫氏の作品でよくあるように)替歌であっても元曲の詞の表現がまったく残っていないようなものである場合、同一性保持権にはあたらないのではないかという説があります。これは一理ありますが(少なくとも替歌の領域では)法律的に明確な答は出ていないと思います。嘉門氏は(少なくともCD化する場合には)権利者の許可を必ず取っているとテレビのインタビューで言われていましたが、これは、法律論以前の話として業界の礼儀としてということでしょう。

2017.01.20 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7753-74893c8d