土壌が汚染されているとか、盛り土がされていないとかの話でなく、毎年の赤字が累積して破綻するかもしれないという意味で、ヤバイ。

 東京都は25日、築地市場(中央区)からの移転を延期した豊洲市場(江東区)が開場した場合、施設の減価償却費などを含めた収支は年間100億円程度の赤字となる試算を公表した。

 豊洲市場では地下水から環境基準を大きく超える有害物質が検出されたが、経営面でも課題を抱えていることが表面化した。

 同日の市場問題プロジェクトチーム(座長・小島敏郎青山学院大教授)の会合で報告した。試算では、業者が支払う施設使用料などの年間収入は68億円、減価償却費や都職員の人件費、光熱水費などの支出は166億円。築地と比べて収入は18億円増にとどまる一方、支出が122億円増えることが影響した。

 2015年度市場会計決算の手元資金残高は約1650億円あり、これを取り崩せば赤字を穴埋めできる。ただ、将来的には使用料の値上げや一般会計から税金を投入する必要に迫られる可能性もある。

豊洲、年100億円の赤字=収支試算を公表―東京都


各市場の収支


豊洲市場の収入68億円、支出166億円。つまり、毎年、赤字が98億円も出る。orz

各市場の収支(原価償却費を除く)


なぜか「減価償却費を除く」ものがつくられていた。それでも27億円の赤字。orz


あと、断熱性能の説明が完全にわかってない人の説明だった。しかも、こーゆーときに限って、竹内昌義氏がいないので、誰もツッコミを入れない。

断熱材の説明


断熱材の配置図


「対価断熱鋼板パネル」や「冷蔵庫断熱パネル」の熱貫流率(K値)が書いてない。だから、外皮平均熱貫流率(UA値)が計算できない。つまり、断熱性能がわからない。

冷蔵庫パネルはもっと厚いものがあるのに、なんでそっちを使わない!とか、いろいろツッコミどころ満載だな。

2017.01.26 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7773-2cacccd4