オダナナ(織田奈那)がブログでアンガジュマンについて語っていた。

倫理の勉強をしているときに
素晴らしい言葉を見つけました!


フランスの哲学者のサルトルさんの言葉です


「自分は一人で存在しているのではなく、
 他者との関係の中で存在しているので、
 各人は全人類に対して責任を負わなければ
 ならない」


今まで考えたことはなかったけれど
確かにそうだなと思いました

えんがわ|織田奈那

このあと、オードリー・ヘップバーンの言葉も引用していたが、やはり人類にかんする責任の話だった。


サルトルの実存主義の大前提は、「実存は本質に先立つ」ということである。「実存」とは現にこの世界に現実に存在するということであり、他方、「本質」とは、目には見えないが、そのものの性質の総体である。物の場合は、どんな素材なのか、どのようにつくられるのか、何のために使われるのか、が決まっていて、「本質が実存に先立つ」。

しかし、人間は最初はまったく規定されない定義不可能なもの=無である。人間は自己の責任で未来を選び、決断し、行動し、後になって人間になる。人間はいつでも自ら選びつくるところのものである。みずからをつくるということは、未来に向かってみずからを投げ出すこと、すなわち、みずからかくあろうと「投企 projet」することだ。だから、「人間は自由であるべく呪われており、自由の刑に処せられている」。

この自由は、自分だけが担わなければならない。この自覚は人間に苦痛と不安をもたらす。しかし、逃げてはならない。人間は、自己の自由を自覚し、不安をのりこえ、自己の責任で実存を生き抜かなければならない。

しかし、実存の自由は、自己に対する責任と同時に、社会に対しても責任をもっている。人間は、つねに一定の社会的状況に拘束されており、実存を通じてこの社会的状況へ参加してゆく(アンガジュマン engagement)。自由な選択は、状況のなかで、自己の責任においてなされるが、自己はつねに他者との関係にあるから、自己に対する責任は、同時に社会や人類に対しての責任となる。

そこから「自分は一人で存在しているのではなく、他者との関係の中で存在しているので、各人は全人類に対して責任を負わなければならない」という言葉が出てくるのだ。


さすがオダナナ、私服はダサイが、頭は良い。てか、勉強は大好きって言ったな。

しかし、コレ、「自動で行動している/反射で話している身体」のねるちゃん(長濱ねる)と対立してしまう。

構造主義者ねる

実際、フロイトが第一局所論や構造論(第二局所論)を唱えたことで、人間はそんなに自由じゃないんじゃないのか?ってことが分かってきた。フーコーによって、人間の思考が「知の枠組 エピステーメ」に縛られているってことも…。サルトルの哲学は、ヨーロッパで生れた近代的自我を大前提にしており、一種のエスノセントリズム(自民族中心主義)だ、とレヴィ・ストロースに『野生の思考』で叩かれ、「構造主義はブルジョワのたわごとだ!」とキレて、完敗してしまうわけだから…。

じつは、「倫理」の教科書にこの話は出てこない。てか、構造主義やポスト構造主義はテキトーに論じられている。『野生の思考』については説明があるが、それがサルトル批判だとは書いてない。また、フーコーの思想はどんどん変化しているが、『狂気の歴史』くらいしか載っていない。

ちなみに、オードリーも「“第三世界”って言い方が嫌い!」とおっしゃっており、本人は「人類はみな仲間!」ってつもりで言ったのでしょうが、今あなたの見ている現実が“第三世界”ですよ!ってツッコミを入れられそうだ。

旧従属論  「第三世界が貧しいのは先進国の収奪のせい」

新従属論  「協力してうまい汁を吸った奴もいただろう」

先進国    「そうだ! そうだ!」

新旧従属論「オマエらに言われたくないよ!」



1980年頃、予備校の教師がこんな話をしていた。

自分が学生(大学紛争)の頃、校舎の屋根の上に寝転んで、ずっと小瓶に入れた酒らしきもの(種類は不明)を飲んでいる男(おそらく学生)がいた。あるとき「何してるんですか?」って聴いたら、「これが俺のアンガジュマンだ」と答えたそうだが、何のことだか、さっぱり分からなかった。

この人のアンガジュマン(屋根の上で日がな一日小瓶の酒を飲む)の元ネタがわからないので、誰か教えて下さい。

ちなみに、この教師はほかにも愉快な話をしていた。

岡本太郎が、パンツ一丁で自動車を運転し、警官に職質されたとき、「車は俺の服だ、なかを覗くな!」と言ったが、これはピカノのマネで、しかもピカソはパンツもはいてなかったので、ピカソの方がエライ。

しかし、ピカソの奇行は、「竹林の七賢」のひとり劉伶が、常に裸でいることを咎められた際に「天地は私の家、この部屋は私の褌。貴公は何の断りもなく人の褌の中にまで入り込んで何を言うか」と返答した話のパクリだろう。

2017.02.11 | ├ 欅坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7833-5cf8f7c5