遠い街なら辛い恋も 風が運んでくれそう
ゆっくりゆっくり 空に消えてゆくでしょう
どこか遠い所へ 行きたいな





風に吹かれて / 森高千里


長濱ねる(欅坂46)@あきる野市戸倉
東京都あきる野市戸倉は、五日市盆地の西端に位置し、中世には交通の要所だった。近世の甲州街道は、江戸から八王子を通り、高尾山と八王子城山の間の小仏関所を抜け、小仏峠を越えて甲斐に入った。しかし、中世では、現在の檜原街道に沿って、武蔵五日市、戸倉と進み、秋川が南北に分かれるところで、時坂峠から浅間尾根に登り、尾根上を通って甲斐に入った。


武蔵五日市から見た戸倉城山


この地域を支配した大石氏は、多摩川と秋川の合流点に大月城、のちに滝山城を築き、根拠地とした。関東管領・上杉氏が北条氏康に敗れて没落すると、氏康の三男・氏照を養子に迎え、北条氏に仕えた。甲斐の武田氏と北条氏が対立すると、この地は両者が戦う場所となった。戸倉城は、時坂峠の登り口にある檜原城と大月城・滝山城の中間に位置し、秋川流域の重要拠点の一つであった。




タクラ理容店




西東京バス 戸倉バス停




沢戸橋バス停付近






沢戸橋バス停から戸倉城山に登る坂道


ねるが登った坂道を、17年前の夏、登ったことがある。戸倉城山にある戸倉城址を見るためだ。そのときは、戸倉小学校が廃校になる前で、この坂を登って右折し、小学校の前を通って左折し、道なりの登っていくと光厳寺があり、そこから登山道となる。廃校となった小学校は、今は泊まれる学校「戸倉しろやまテラス」となっている。

泊まれる学校 戸倉しろやまテラス|秋川渓谷戸倉体験研修センター

2017.02.21 | └ You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7867-ae86922a