オイラは、「偽科学批判」には批判的だが、ブーメランが何かに当たったら、そこで落ちることは疑っていない。w

 オーストラリアのアボリジニ族の狩猟道具から玩具のブーメランが生まれたが、これはよく誤解されていて、標的に命中したうえ戻って来るという都合が良すぎる武器として活劇に描かれることがあるけれど、そんなことはあり得えない。ほんとうは回転することで弧を描き戻って来るから反復して投げることで鳥などの獲物を追い込むためのものだ。

     (中略)

 ところが、誰が最初に勘違いしたのか、他人を批判した内容が自らにも当てはまるという意味で「ブーメラン」と言っている人たちがいる。もちろんいわゆるネットスラングであり、使っているのは程度の低い「ネトウヨ」ばかりである。

 ところが、これを産経新聞はサイトの見出しに使用していて、しかもネトウヨと同じように政府に媚びて「民進党の批判はブーメラン」と記載してしまう。これは、喩えとして不適切であるうえ、内容が記事にも論説にもなっていない。ただの提灯持ち、それもヘタクソなものだ。

     (中略)

 これだけなら、一部の愚か者のやっていることですむが、総理大臣がよく口にするから日本は末期的だ。「ブーメラン」という間違った喩えのネットスラングを使用するだけで充分みっともないが、しかも「天に向かってブーメランを投げているようなもの」と身振りまで交えて国会で言っていた。この人は「天に唾はく」というよくある喩えを知らないのだろうか。

 これだから「云云」を「伝伝」と読み違えたりもするのだろうし、上に投げれば何でも落ちてくるが横に投げて戻って来ることに意味があるブーメランを、この人は知らないのかもしれない。

「ブーメラン」というバカなネットスラング

しかし、ブーメランは、たんに横に投げただけでは、戻って来ないらしい。



ブーメランは、投げ方やブーメラン自体の調整が必要で、戻ってくるのはけっこうたいへんなのだ。この人は、ブーメランを売っている人なので、さすがに上手いが、シロウトが投げるとこんな感じになる。



この人たちは、スクラップロゴスという芸人さんだそうだが、川に落ちたブーメランはどうなったんでしょうか?w

2017.03.01 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

ブーメランとゆぅと、ウルトラセブンが
アイスラッガーをとばしてる最中にょ
メタリックでメカニカルなスキンヘッドが
すきでしゅ(^ω^)❤❤

「敵にあたって戻って来るブーメラン」にょ
イメージのルーツって、、
もしかしてコレ??(?ω?)

だいぶまぇに ひょんさまっが
ウルトラセブンが好きだと
今はなきMJで言ってますた。

2017.03.18 14:20 URL | 「ま」人むくぽん #A53fea/Q [ 編集 ]

>だいぶまぇに ひょんさまっが
>ウルトラセブンが好きだと
>今はなきMJで言ってますた。

ウルトラセブンが好きとはさすがひょんさま。w

ウルトラセブンvsエレキング
https://youtu.be/BzcS6ZkY1VI
変身するモロボシ・ダン(森次晃嗣)の鼻が「豚っ鼻」に見えたり、ウルトラビームの後、アイスラッガーで倒すなど、なかなかよい。w

ウルトラ警備隊発進シークエンスがカッコ(・∀・)イイ!!
https://youtu.be/UQoG16P_lh4
ウルトラホーク1号発進
https://youtu.be/k1p99BKQ-7I

ウルトラマン→ウルトラセブンで基地が秘密基地化するんですが、サンダーバードの影響のような気がする。

サンダーバード1号
https://youtu.be/9uCbbQ6RWro
サンダーバード2号
https://youtu.be/k1p99BKQ-7I

2017.03.18 17:13 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7890-94dfc8c3