早川正士氏が福島県沖を震源とする地震を予知したいう記事。

2月28日午後4時49分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、福島県相馬市や宮城県岩沼市などで震度5弱(M5.7、深さ52km)を観測した。

東北地方で震度5弱以上を観測したのは2016年11月22日以来となる。遠くは東京、静岡あたりでも揺れを観測したので、ご記憶の方も多いことだろう。

気象庁の会見によると、今回の震度5弱の地震はプレート境界で発生した「逆断層型」の地震だったと説明。東日本大震災の余震との見解を明らかにした。

この震度5弱の地震発生を事前に予測し、発表していた人物がいる。日本地震予知学会会長で電気通信大学名誉教授の早川正士氏だ。

福島沖の震度5弱を予測していた、早川教授の地震予報メルマガ

ところが、その前に17連敗していたので、なんかたまたま当たった感がぬぐえない。



ケネディ暗殺を予言したとされるディクソン女史は、毎年大統領暗殺を予言していたので、いつかは当たるというシロモノだった。

  ※  1勝17敗と書いたが、同時に3つ予言し、うち1つしか当たらなかったので、1勝19敗に直しました。w

2017.03.04 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7901-d7e6107c