なんか、はるっぴ(兒玉遥)のぐぐたす記事で「祭り」が起きている。

今日は、3月11日。

東日本大震災が起こったあの日から6年が経ちました。

私はそのとき、福岡の中学生。
中2の14歳でした。
いつものように学校へ行き終業式を終え、
バスケ部、体育館でみんなと走り込みをして帰宅、、、

いつも通りにテレビをつけた瞬間、、、

消えることのない記憶。
忘れられない思い出。

今日は、ステージに立てず
なんともぶつけることのできない気持ちが
心渦巻いています。

今日更新していいのか、迷いました。

でも、今、ここで
あなたに想いを伝えることができている。

これは、しあわせなことです。
そして、いつの日かの写真を添えて、、、

行動しなきゃ伝わらないし
願うだけじゃ、変わっていかない。

誰かのために。
一人一人みんなが誰かのために。

私は心に決めている人がいます。
だから、がんばります!
もう少しだけ待っていてください。


1日でも早い復興を祈りまして、、、


おやすみなさい、、、

Mar 11, 22:24

はるっぴは、なんかいろいろあって、たいへんみたいだ。公演にも出られないようだし…。

太字の部分で、「恋人発覚!」なんてアンチが騒いでいるわけなんだが、詳細は本人しかわからないからね。

48グループで何回か東北に復興支援ライブで出かけているわけで、そこで知り合った被災者のことかもしれないし、小学校や中学校の友だちが東北にいるのかもしれない。

「被災地は田舎だから、引っ越した友だちなんていない」とか書いてるアホ、釜石市(岩手県)や石巻市(宮城県)は工業都市なんだよ。オイラだって、小学生のころ、父親が製紙会社に勤めていたから、工場移転で石巻市に引っ越す話があったくらいだ。結局、そうならなかったんだけどね。引っ越していたら、今とはちがう人生を生きていたかもしれない。

なので、くだらん邪推をするのはやめた方がよいと思う、今日この頃だ。

2017.03.12 | ├ HKT48 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7934-42a7600c