大西宏氏が、森友学園問題での籠池泰典証人喚問について、以下のように論じていた。

民進党の政府批判がブーメランとして返ってきて自ら墓穴を掘るという展開が相場でしたが、森友学園問題に関してはどうも自民党の思惑違いとなって疑問をさらに深める結果になってしまったようです。

そもそも、森友学園問題で、民進党などが求める参考人招致を拒否してきた自民党がなぜ国会証人喚問に踏み切ったのかはいまだによくわかりません。ヤメ検の郷原弁護士が、「昭恵夫人から100万円の寄付を受けた」という証言を撤回させるか、証言を覆さなければ偽証罪での告発によって籠池氏の証言が嘘であることを司法判断で明らかにしようという意図としても、それは「危険な賭け」だと指摘されていましたが、そのとおりになりそうです。
籠池氏証人喚問は、自民党にとって「危険な賭け」 | 郷原信郎が斬る :

幕引きできなかった籠池笑劇場

引用されてる郷原氏の記事は、発表されたときに読んだのだが、大西氏が書いているように、ホントにそのとおりになってしまった。ちなみに、郷原氏は、証人喚問の直前にも、自民党の危機対応のまずさについて論じている。

籠池氏問題に見る”あまりに拙劣な危機対応

大西氏は、政治家が行う「口利き」がどのようなものなのかについても論じていて、今回のFAX内容がそれに近いことも指摘している。

ところで、みなさまは政治家の口利きに関してはどのようなイメージをお持ちですか。なんらかの便宜をはかるように省庁の役人の人に圧力を加えることかと思っていらっしゃるのかもしれません。

そうではないのです。その案件がどういう状態になっているのかを政治家が省庁に問い合わせるだけです。影響力のある政治家なら、審査が滞り、遅れに遅れた認可も、電話一本問い合わせてもらうだけで「神風」が吹いたように迅速に進むのです。

籠池さんが国会証言後に提示した、差し出し人が昭恵夫人付きの谷査恵子氏のFAX内容は、もちろん法的になんら問題があるわけではないにしても、財務省に影響を与えるものになりえるというのが実際のところでしょう。

そんなわけで、疑惑を明らかにするには、昭恵夫人自身が国会で証人喚問を受けるしかないわけだが、自民党はそれを許さないので、「籠池“笑”劇場」は今後もしばらく続きそうだ。

2017.03.25 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) |

共産党が生活保護で圧力かけたり、議員が区画整理で優先的に土地を選択させたり、上下水道の工事が優先的になされたり近い所でも幾らでもあるのでそれほど驚かないですが、なんか年末まで騒ぎそうな勢いですねw 

2017.03.25 22:37 URL | aska #- [ 編集 ]

安倍昭恵氏のフェイスブックの記事を、本人ではなく、官僚が書いたんじゃないのか?という疑惑まで出てきて、当分、この問題は続きそうな予感…。orz

2017.03.25 23:45 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7974-d938a4d9