登山講習中の高校生等が、那須のスキー場付近で雪崩に巻き込まれ、死亡した。

27日、栃木県那須町にあるスキー場付近で雪崩が起きて登山の講習中の高校生と教員合わせて48人が巻き込まれ、このうち、男子生徒7人と男性教員1人の合わせて8人が死亡しました。このほか、生徒ら40人がけがをしていて、警察と消防は、雪崩が起きた当時の状況を調べています。

27日午前8時半ごろ、栃木県那須町にある「那須温泉ファミリースキー場」の付近で雪崩が起き、登山の講習を受けていた県内の高校の山岳部の生徒や教員合わせて48人が巻き込まれました。

警察によりますと、このうち、県立大田原高校の男子生徒7人と男性教員1人の合わせて8人が死亡しました。

雪崩に巻き込まれた高校生ら8人の死亡確認

東京山岳ガイド協会・下越田功会長によると、「閉鎖されたスキー場は自然に返る」「24時間で30センチの積雪は危険(現場は9時間で34センチ!)」「もし横並びのラッセル訓練だとしたら雪崩を起こすリスクがある」そうだ。

【なぜ起きた?】スキー場雪崩、専門家解説

講習に参加して雪崩に巻き込まれた高校生も危険を感じていたと証言している。

高校生は講習中の天候について、「おとといから雪の上に張ったテントに宿泊しながら講習に参加していた。きのうから雪が激しく降り、けさは50センチほどの積雪になっていた」と話しています。

27日の講習については「茶臼岳まで登る予定だったが、積雪が多かったため、引率した教員などが話し合い、ゲレンデの一番下から雪をかき分けて進む訓練に変更された。私は、こんなに多くの積雪の中で訓練をすることに不安は大きかった」と話しました。

     (中略)

そのうえで「講習中に教員たちは雪崩は全く想定していない様子だった。けさ積雪がひどかったので慎重に状況を見極め、講習を中止する決定をしてほしかった」と話していました。

講習会参加の男子高校生は

なんでそんな状況でラッセル訓練なんてしたんだろうね。ラッセルとは、雪山登山の際、雪が積もって歩きにくくなっている斜面を、先頭を歩く者が雪を踏み固めて、後の者が登りやすくするために行う行為で、とても疲れるので、訓練をやめたからと言って文句を言う者はいないと思うんだが…。教師たちは雪崩のリスクを冒してまでやりたかったのかな?


リンクがキレてたら…
雪崩に巻き込まれた高校生ら8人の死亡確認
3月28日 0時24分

27日、栃木県那須町にあるスキー場付近で雪崩が起きて登山の講習中の高校生と教員合わせて48人が巻き込まれ、このうち、男子生徒7人と男性教員1人の合わせて8人が死亡しました。このほか、生徒ら40人がけがをしていて、警察と消防は、雪崩が起きた当時の状況を調べています。

27日午前8時半ごろ、栃木県那須町にある「那須温泉ファミリースキー場」の付近で雪崩が起き、登山の講習を受けていた県内の高校の山岳部の生徒や教員合わせて48人が巻き込まれました。

警察によりますと、このうち、県立大田原高校の男子生徒7人と男性教員1人の合わせて8人が死亡しました。

警察によりますと、死亡したのは、いずれも山岳部の生徒で、矢板市の高瀬淳生さん(16)、那須塩原市の浅井譲さん(17)、大田原市の佐藤宏祐さん(16)、さくら市の奥公輝さん(16)、高根沢町の萩原秀知さん(16)、那須塩原市の大金実さん(17)、那須町の鏑木悠輔さん(17)、教員で大田原市の毛塚優甫さん(29)です。

このほか、生徒と教員合わせて40人がけがをしていて、このうち生徒2人はけがの程度が重いということです。

警察や消防は、雪崩が起きた当時の状況を調べています。

県の教育委員会によりますと、今回の登山の講習は、今月25日から27日までの3日間、県内の7つの高校の山岳部の生徒と教員合わせて62人が参加して行われていました。

しかし、27日の講習は、悪天候のため登山を中止し、スキー場の付近で48人が参加して、深い雪をかきわけて進む「ラッセル」の訓練を行っていたということです。

那須高原に設置している観測点では、27日午前9時の積雪は33センチとなっていて、気象庁は、那須町などに大雪や雪崩の注意報を発表して注意を呼びかけていました。

■高体連「痛恨の極み」

今回の講習会を主催した、栃木県高等学校体育連盟が27日午後8時半から記者会見を開きました。

冒頭、橋本健一会長が「先ほど、春山安全登山講習会において残念ながら亡くなられた方が出たと聞きました。痛恨の極みです。亡くなられた方、被害に遭われた方、そして、そのご家族に対しまして、心よりお見舞いを申し上げます」と述べました。

また、橋本会長は「ベテランの先生方の現場の状況判断を尊重していた。原因究明を待ってからだと思いますが、もう少ししっかりした危機管理体制が必要だったと個人的には考えています」と述べました。



講習会参加の男子高校生は
03月27日 15時47分

今回の講習会に参加していた男子高校生が、電話取材に応じました。

この男子生徒によりますと講習3日目の27日は雪が多く、この生徒の班ではそれに対応する装備が整わなかったため訓練に参加せず、26日から泊まっているテントの中で待機していたということです。

男子生徒は、「昨夜からけさにかけて雪が多く降り積もり、けさは膝下10センチまで積もっていた。

きょうは茶臼岳の頂上に登る予定だったが、積雪量が多かったことから先生の判断で近くのスキー場で訓練をすることになった」と、27日朝の訓練の状況を説明しました。

そして、雪崩が起きた時のことについては「自分たちのテントから100メートルほど離れた場所で雪崩が起きた。人が『オーイ』と叫ぶ声が聞こえ、その後、サイレンの音やヘリコプターの音が聞こえた」と話しました。

この生徒は、26日は雪崩の起きやすい場所を確かめたり、命綱を使った練習を行ったりしたということで、「自分が参加していた講習会でこうした事態が起きて、最初は実感が沸かなかったが、友人と数時間連絡が取れず、やはり山は怖いなと思わされた」と話していました。


講習会に参加して雪崩に巻き込まれた男子高校生が、当時の様子についてNHKの電話取材に答えました。

高校生は講習中の天候について、「おとといから雪の上に張ったテントに宿泊しながら講習に参加していた。きのうから雪が激しく降り、けさは50センチほどの積雪になっていた」と話しています。

27日の講習については「茶臼岳まで登る予定だったが、積雪が多かったため、引率した教員などが話し合い、ゲレンデの一番下から雪をかき分けて進む訓練に変更された。私は、こんなに多くの積雪の中で訓練をすることに不安は大きかった」と話しました。

雪崩が起きた当時の状況について「訓練の途中に休息しようと班ごとに座り込んだときに、強い風が吹いて前方が真っ白になった。すると、白いものがどっと来て、引率の教員が『ふせろ!』と声を上げた。私たちは伏せたが、体に雪をかぶった形になった。私たちなど、動ける人がまわりの埋まった人を救出した。腹部が痛いと訴え、けがをした人もいた。私たちは木の下にいたため被害が少なかったが、居場所が悪かった人たちが埋もれてしまったかもしれない」と話しました。

そのうえで「講習中に教員たちは雪崩は全く想定していない様子だった。けさ積雪がひどかったので慎重に状況を見極め、講習を中止する決定をしてほしかった」と話していました。

2017.03.28 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7989-4f7e75b8