…という記事を井上靜氏が書いていた。

 もともと、東大生に限らず試験の難しいところへ進学する人は、子供の頃から楽器をやっている人が多かった。

 そうでない人には、まるで楽器に興味が無い人を別にすると、興味をもっても買えないので諦めるか、買えなくはないけど親が反対する、という家庭の事情が目立つ。

 そして、親が反対する人の多くは、勉強の邪魔になると言うことが多い。しかし、実際には成績が良くて進学する子供のほうが楽器をやっていて、逆に親が「勉強の邪魔」と言って楽器をやらせてくれない子供のほうが成績も進学も結果が良くない。


 これは結局、勉強の邪魔になるから楽器はダメだと言うほんとうのわけとは、貧乏でゆとりがないということであり、それを言うと惨めだから勉強を口実に持ち出しているだけで、これが進学にも反映するということだ。

東大生にピアノ経験者が圧倒的なわけ

家が裕福でないと、楽器ができないし、進学も難しいとなっているのは理解できる。

しかし、楽器を習得するにはかなり根気が必要で、勉強にも根気が必要だから、楽器ができる子は勉強もできるということも成り立つのだ。人間の欲望や感情をコントロールするのは、前頭葉で、これが発達しないと、根気よくならない。犯罪者で、子どものときに虐待を受けていた人がいるが、虐待を受けると、前頭葉が発達できず、その結果、犯罪を繰り返すようになってしまったわけなのだ。楽器の習得は、これとは逆に、前頭葉の発達に関わっていると思われる。

そして、楽器の習得には頭のよさも必要で、妹がピアノ教室をやっているが、幼稚園児にピアノを教えるのは、その子に分数を教えるのと同じだから、頭が悪いと楽譜が読めないということになるのだそうだ。

ただ、楽器が上達しすぎてコンクールで賞を獲るようになると、さらなる上達の時間を確保するために、勉強時間が削られるので、頭が良くても進学校に行けなかったりする。まどちゃん(森保まどか)は、勉強ができるが、ふつうの中学校に行っていた。弟くんが長崎でいちばん偏差値の高い中高一貫校に行っていたのと大ちがいである。

ちなみに、弟くんは、まどちゃんの一つ下で、ねる(長濱ねる)と同年齢だ。ねるが高校生クイズの長崎県予選で負けたのは、まさに弟くんの行っていた学校の生徒だった。もうそのころは弟くんは福岡の学校に転校していたけどね。

さらにいうと、舞ちゃん(渕上舞)が行っていた高校は、タモリさんの出身校で、修猷館、福高と並ぶ「御三家」で、偏差値が70超えの進学校だった。彼女もピアノがかなり弾けるのだが、上記の記事で扱われている人たちのイメージにいちばん近いのかもしれない。

2017.03.29 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7997-4b10c07e