ベトナム国籍の小学校3年生の女児が殺された事件について考えてみた。

 千葉県我孫子市の草むらで、ベトナム国籍で小学3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)=同県松戸市六実(むつみ)5丁目=の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、県警捜査本部は、自宅周辺や遺棄現場に土地勘のある人物が車で移動しながら遺体やランドセルを遺棄した可能性があるとみて、範囲を広げて不審な車両や人物を捜査している。

 捜査関係者によると、リンさんは24日午前8時ごろ、登校のため自宅を出てすぐ事件に巻き込まれた可能性が高い。通学路は狭く、地元住民以外の利用は少ないという。

 また、26日朝に遺体が見つかった我孫子市北新田(きたしんでん)の排水路脇の草むらは自宅から約12キロ離れていて、27日にリンさんのランドセルが見つかった茨城県坂東市の利根川河川敷は遺体発見場所から約18キロ離れているが、いずれも外部の人が頻繁に行き来する場所ではないという。

 このため捜査本部は、これらの地域で重点的に聞き込みをしたり、当時周辺を通った車の車載カメラや防犯カメラの映像を収集し、解析を進めている。

 28日には利根川河川敷で女児用の衣服も複数見つかったが、リンさんが家を出た際に身につけていた黄色の帽子や靴は見つかっていないといい、遺留品がないか引き続き捜索する。

土地勘のある人物の犯行か 千葉・小3殺害

24日、千葉県松戸市六実①で行方不明になった女児は、26日に同県我孫子市北新田②で遺体が見つかり、27日に茨城県坂東市小山の利根川河川敷③でランドセルが発見された。



まず、女児が行方不明になった松戸市六実なのだが、ここは土地勘がなければ、絶対に入っていかない場所だ。

女児は自宅から小学校に登校する途中に行方不明となったが、その通学路が で、途中のに防犯カメラがあってそれには映っていなかったので、その間に誘拐されたと思われる。



じつは、ここに入れる道は限られている。 しか外部に通じていないのだ。とくに、遺体遺棄現場に通じる県道8号線に出られる道は限られている。六実駅近くを通って県道8号に通じる道には、銀行などがあり、防犯カメラが設置されている可能性が高い。また、× には交番があるので、誘拐後にこの道を通るのは、さすがにしないのではないだろうか。女児が誘拐された時間はわかっているので、その時間帯に防犯カメラに映った自動車を調べるのが上策だと思える。

この県道8号線は、大学生のとき、マネキンを運ぶアルバイトをしていて、品川近くの倉庫から水戸市に運ぶときに、よくこの道を通った。当時は常磐自動車道がぜんぜん開通してなかったので、首都高→京葉道路→県道8号→国道16号→常磐自動車道で石岡まで行き、そこから国道6号で水戸まで行ったような気がする。

つぎに遺体を遺棄した場所だが、じつはこの近くを通ったことがあった。2002年10月13日にサイクリングで、下図の を東から西に走った。遺体発見場所が である。



県道8号が国道6号に合流し、茨城方面にしばらく行くと、この場所に至る。ここは人気のない場所で、もっと西に行った場所だが、車にはねられたタヌキの死体が落ちていて、あぶなく轢きそうになったのを憶えている。犯人は土地勘のある者だと新聞にはあるが、ここは国道6号から近く、車にカーナビがついていたのなら、土地勘がなくても、入ってくることはできると思う。

最後に、ランドセルなどが見つかった場所だが、遺体遺棄現場から2とおりの道順で行くことができる。1つ目は、国道6号を元に戻り、国道16号で野田市に向かい、野田市で県道3号線に入り、芽吹大橋を渡って、県道329号に入り、そのまま進むとここに来る。もう1つは、国道6号で利根川を渡ってから国道294号に入り、小絹駅近くで県道3号に入り、そのまま行くと、県道329号に入る場所に着く。ちなみに、芽吹大橋は将門の同塚に行くとき、渡った。w

もう一つ、これは自分自身が自転車で通った道なのだが、農道が利根運河まで続いていて、県道7号線に合流している。県道7号線を進み、右折して県道3号線に入れば、芽吹大橋を渡ることができる。

平将門/胴塚、北山稲荷台明神・国王神社/茨城県板東市



県道329号沿いのコンビニから道があり、そこを進むと公園にぶつかる。そこで左折して川沿いに進むと、河川敷に降りる道があり、そこをそのまま進むとランドセルが見つかった場所に着く。…というか、そこで道路が終っているので、ここに捨てるしかなかったのだろう。ここで怪しい車の目撃があり、さらにコンビニには防犯カメラがついているので、車を特定することができるかもしれない。

ランドセル、衣服、手提げバッグ、筆箱など遺留品は、┗━┛で囲んだ範囲にバラまかれていた。ここへは県道329号からも入れるが、芽吹大橋のたもとから入る道()があり、矢印の場所から河川敷に降りることができる。

オイラは、犯人は女児の家の近くに住んでいて、それを隠すために、遺体遺棄現場よりもさらに遠くに遺留品を捨てにいったんだと思うんだよね。はずして大恥をかいたりして…。orz

  ※  3月31日に遺留品発見現場の地図と文章を一部訂正した。

2017.03.31 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8005-f7e60651