2016年11月13・20・27日に放送された「けやかけ」の「秋の大運動会」は、チーム「わりと平和主義」が最後のリレーで勝利したが、それまではチーム「ガチ」が圧倒的に強かった。

このチーム分け、前年放送の「秋の体力測定」での「50m走」の結果で分けたと言っていたが、単純に分けたわけではない。

つぎの表は、50m走(秒)と1000m走(時:分:秒)のタイムを、統計処理のため、10秒走(m)と6分間走(m)に変換したものだ。つまり、50m走のタイムから10秒走ったときの距離、1000m走のタイムから6分間走ったときの距離を出した。10秒の根拠は、50m走の平均が9.28秒だったので、9秒はハンパだから、10秒にした。6分の根拠も同じで、1000m走の平均が5分58秒だったからだ。



ここから、偏差値を求めたのが、下表である。偏差値の求め方は、

   (距離-平均)×10÷標準偏差+50

で計算する。



偏差値は以下のとおりに正規分布する。

  偏差値<20:0.13%
  偏差値<30:2.28%
  偏差値<40:7.94%
  40≦偏差値<50:42.07%
  50≦偏差値<60:42.07%
  60≦偏差値:7.94%
  70≦偏差値:2.28%
  80≦偏差値:0.13%

平たくいえば、50以上60未満「速いけど、ふつう」、60以上70未満「速い」、70以上「すごく速い」。40以上50未満「遅いけど、ふつう」、30以上40未満「遅い」、30未満「すごく遅い」となる。ただし、すごく遅い人はいなかった。w
これを散布図に描くと、以下のとおりになる。横軸が50m走、縦軸が1000m走の偏差値で、横軸が大きい方が瞬発力があり、縦軸が大きい方が持久力がある。



これを元に、50m走の偏差値で並べると、以下のとおりになる。ちなみに、赤字がチーム「ガチ」で、青字がチーム「わりと平和主義」である。なお、ねる(長濱ねる)は、「秋の体育測定」の収録時には加入していないので、記録がない。また、てち(平手友莉奈)は「秋の大運動会」に出ていない。

【50m走】
*1.守屋茜
*2.小林由依
*3.渡邉理佐
*4.(平手友莉奈)
*5.米谷奈々未
*6.織田奈那
*7.鈴本美愉
*8.原田葵
*9.志田愛佳
10.小池美波
11.今泉佑唯
12.佐藤詩織
13.土生瑞穂
14.斎藤冬優花
15.尾関梨香
16.菅井友香
17.上村莉菜
18.石森虹花
19.長沢菜々香
20.渡辺梨加
**.長濱ねる

これを見ると、純粋に速い順で選んだわけではなさそうである。

また、1000m走の偏差値で並べると、さらに不均等であることが分かる。

【1000m走】
*1.米谷奈々未
*2.長沢菜々香
*3.原田葵
*4.志田愛佳
*5.佐藤詩織
*6.守屋茜
*7.小林由依
*8.渡邉理佐
*9.渡辺梨加
10.小池美波
11.(平手友莉奈)
12.斎藤冬優花
13.土生瑞穂
14.織田奈那
15.鈴本美愉
16.尾関梨香
17.今泉佑唯
18.菅井友香
19.上村莉菜
20.石森虹花
**.長濱ねる

これが、はっきり出たのが、「鬼ごっこ玉入れ」の結果である。

まず、ゆいぽん(小林由依)がカゴをしょって、軍曹(守屋茜)、もな(志田愛佳)、りさ(渡邉理佐)、よねさん(米谷奈々未)が球を入れる対戦。



足の速いゆいぽんを、より足の速い軍曹と、ほぼ同じりさ、持久力で上まわるよねさんともなが襲う。

鬼ごっこ玉入れ:小林由依

これでは、ゆいぽんがカワイソウだ。


つぎに、長沢くん(長沢菜々香)がカゴをしょって、あおい(原田葵)、名人(土生瑞穂)、オダナナ(織田奈那)、うえむー(上村莉菜)が球を入れる対戦。



瞬発力では長沢くんを上まわるものの、持久力では長沢くんが圧倒的だった。

鬼ごっこ玉入れ:長沢菜々香

1分間ずっと逃げ回る長沢くんに、全員がくたびれてしまい、ほとんど球を入れられなかった。

前に、《この世の中には長沢くんみたいな特殊体質の人がいて、この手の人が登山家に多いような気がする》と書いたが、ホントにそうである。w

怖いのは個別的で主観的方法を押しつけること


結局、最後のリレーですべてが決まるシステムで、チーム「わりと平和主義」が勝利したが、持久力も考慮したチーム分けをした方がオモシロかったんじゃないのかな。w

2017.04.08 | ├ 欅坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8040-3f7d3732