…という衝撃的な記事が『朝日新聞』に載っていた。

 子どもたちが自ら命を絶つ悲劇が繰り返されている。日本全体の自殺者数は減っている中で、小中高校生では減っていない。子どもの自殺を防ぐために、社会や一人ひとりは何ができるのだろうか。

 警察庁の統計によると、2016年、320人の小中高校生が自殺で亡くなった。小学生12人、中学生93人、高校生215人。3分の2は男子だった。

 自殺者全体の数は、03年の3万4427人をピークに減少傾向で、16年は2万1897人。06年施行の自殺対策基本法に基づく、各自治体の相談窓口の整備などが背景にあるとされる。一方、小中高校生の自殺者はこの10年、年間300人前後で推移し、350人を超えた年もあった。厚生労働省によると15~19歳では自殺が死因の1位、10~14歳では2位だ。

 16年の小中高生の自殺の原因(複数の場合あり)を警察庁の統計でみると、「学業不振」など学校問題が36・3%で最も多く、「親子関係の不和」など家庭問題が23・4%、「うつ病」など健康問題が19・7%と多岐にわたる。学校問題のうち、いじめが原因とされたのは6件(全体の1・9%)だった。

減らない子どもの自殺 昨年、小中高生320人

『朝日新聞』は「日本では子どもの自殺の実態把握や再発防止の取り組みが十分とはいえない。どんな要因が重なるとリスクが高まるのか、などは国内の統計ではわからない」としている。しかし、子どもの自殺について、武蔵野大学講師の舞田敏彦氏による統計分析が「日経DUAL」に載っていたので、それを参考にしてみたい。

 統計データを使って、子育てや教育にまつわる「疑問」に答えます。今回は、親にとってはつらいですが、目を背けるわけにはいかない「子どもの自殺」について取り上げます。ここ100年の統計データを読み解くと、日本の子どもの自殺率は急減しましたが、90年代以降はまた上昇傾向にあります。また小・中学生の自殺原因は「学業不振」や「親子関係の不和」「入試の悩み」によるところが大きいのです。

小・中学生の自殺、原因の1位は「学業不振」
1.自殺者数

まずは自殺者数だが、図1は10代の自殺率の長期推移(10万人あたりの自殺者数)だ。



統計は20世紀に入ってからだが、1930年代まで8~14人とかなり高く、《親や奉公先の主人にこっぴどく叱られた、酷使された、ひもじい…。当時の新聞を見ると、こんな動機での自殺が報じられています》とのことだ。

これが1930年代に激減するのだが、その原因について《フランスの社会学者、エミール・デュルケムは、名著『自殺論』において「自殺率は社会の統合の度合いに比例する」と述べています。国民が一体となって共通の敵と戦う戦争期は、人々の連帯が非常に強くなり、このことが子どもの自殺を減少せしめたのではないでしょうか》と指摘している。

《さて1945(昭和20)年に戦争が終わるや、子どもの自殺率は再びうなぎ登りに上昇し、1955(昭和30)年には15.6とピークに達します。》《当時の自殺統計を見ると、10代の自殺原因のトップは「厭世(えんせい)」です。世の中が厭(いや)になったということです。戦前と戦後という新旧の価値観が入り混じり、苦悩する青少年も多かったそうな。また、青年男女の無理心中も多発していました。相思相愛にもかかわらず、旧来の「イエ」の価値観から交際や結婚を反対されての心中…。これなども、時代の過渡期にあった当時の悲劇と言えるでしょう》とのことだ。

《その後、高度経済成長により社会が安定するのに伴い、子どもの自殺率は下がってきます》が、1986年がポコッと増えていますが、これは有名な岡田有希子の自殺によって引き起こされた「群発自殺」の結果だそうだ。

《90年代以降、子どもの自殺率は上昇に転じています。「失われた20年」は、子どもの「生」にも影を落としていることが知られます》ということで、『朝日新聞』の記事でも指摘された子どもの自殺が減らないということにつながる。


2.自殺の動機の年齢差

自殺の動機を、小中学生・高校生・大学生に分けて示したのが図2だ。



小中学生は、1)学業不振、2)家族の叱責、3)親子関係の順である。自殺というと「いじめ」との関係が強調されるが、4位の「友人との不和」に含まれるが、思ったほど順位は高くない。むしろ家族との関係で自殺する者が多いとの結果になる。

高校生は、1)進路の悩み、2)学業不振、3)うつ病の順で、小中学生とは一変する。「学業不振」は2位だが、「親子の不和(4位)」「友人との不和(7位)」「家族の叱責(9位)」はどんと下がる。代わって、「うつ病」「精神疾患」などが増え、「進路の悩み」が1位となる。

大学生は、1)学業不振、2)進路の悩み、3)うつ病の順で、4位に「就職失敗」が入る。《日本の大学生は遊びほうけて勉強しないといいますが、深刻に考える学生さんもいるようです》とのこと。


3.自殺の動機の男女差

自殺動機の男女差を示しているのが、図3だ。ただし、これは小・中・高校生に限っている。



これによると、「友人との不和」「親子関係の不和」「家族の叱責」など、人間関係(家族関係)にかんする動機が女子には多く、「学業不振」「進路の悩み」など、将来にかんする動機が男子には多い。

上でも書いたが、『朝日新聞』は「日本では子どもの自殺の実態把握や再発防止の取り組みが十分とはいえない。どんな要因が重なるとリスクが高まるのか、などは国内の統計ではわからない」としている。しかし、このような統計分析があるのだから、自殺の実態把握や再発防止に取り組むことができるではないだろうか。


リンクがキレてたら…



減らない子どもの自殺 昨年、小中高生320人
2017年4月21日05時06分

■小さないのち 大切な君

 子どもたちが自ら命を絶つ悲劇が繰り返されている。日本全体の自殺者数は減っている中で、小中高校生では減っていない。子どもの自殺を防ぐために、社会や一人ひとりは何ができるのだろうか。

 警察庁の統計によると、2016年、320人の小中高校生が自殺で亡くなった。小学生12人、中学生93人、高校生215人。3分の2は男子だった。

 自殺者全体の数は、03年の3万4427人をピークに減少傾向で、16年は2万1897人。06年施行の自殺対策基本法に基づく、各自治体の相談窓口の整備などが背景にあるとされる。一方、小中高校生の自殺者はこの10年、年間300人前後で推移し、350人を超えた年もあった。厚生労働省によると15~19歳では自殺が死因の1位、10~14歳では2位だ。

 16年の小中高生の自殺の原因(複数の場合あり)を警察庁の統計でみると、「学業不振」など学校問題が36・3%で最も多く、「親子関係の不和」など家庭問題が23・4%、「うつ病」など健康問題が19・7%と多岐にわたる。学校問題のうち、いじめが原因とされたのは6件(全体の1・9%)だった。

 自殺予防に詳しい高橋祥友・筑波大教授(精神科医)は「子どもの自殺は、いじめや友人関係といった学校に関わる要因のほか、家庭や、精神疾患など複数の要因からリスクの高い状態となり、そのうえで何らかのことが引き金になって起きる。いじめは深刻な問題だが、いじめ予防だけでは不十分だ」と話す。

 日本では子どもの自殺の実態把握や再発防止の取り組みが十分とはいえない。どんな要因が重なるとリスクが高まるのか、などは国内の統計ではわからない。

 いじめが疑われるケースでは、いじめ防止対策推進法に基づき、真相解明と再発防止のための調査が学校や教育委員会に義務づけられている。だが、調査結果は十分共有されず、いじめを苦にした自殺は後を絶たない。いじめ以外のケースも文部科学省が学校や教育委員会に調査を求めているが、義務ではない。

 北日本の公立中学校の教師(60)によると、数年前に女子生徒が自殺未遂した際、教委が原因を問い合わせてきたが、いじめでないとわかると対応は学校と保護者任せになった。教師は「原因が何であろうと子どもの命が大切なことに違いはない。すべてを予防するべきだ」と感じたという。

 海外では、国の主導で子どもの自殺の背景を分析し、予防につなげる動きがある。英国では16年、国の委託を受けた研究チームが、心の問題があって自殺した10代のケースを分析。「54%に自傷行為の経験あり」「27%は亡くなる前1週間以内に自殺について周囲に話していた」などの分析を踏まえた予防策を5月に発表する。米国では事故や虐待、自殺などによる子どもの死亡事例の検証を予防につなげる制度が根付く。

 子どもの自殺について分析する東京都監察医務院の福永龍繁院長は「10代の自殺は動機がわからないことが多い。実態がわからないことを出発点として、そこから対策を考えていくべきだ」と話す。

2017.04.21 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8096-da969734