4月27日の『福島民友』が「福島市の空間線量がこんなに下がりました!」って記事を載せたらしい。



これをEXCELで計算したんだけど、なんか平均値がちがっている。

福島市内の空間線量(μSv/h)


まあ、それはよいとして、累積させたらどうなるの?って疑問が出てきた。

大波地区の空間線量(μSv/h)


毎時空間線量を24倍して、測定日の間の日数をかければ、累積被ばく線量がわかる。黄色の部分をぜんぶ足す計算だ。

累積被ばく線量(mSv)


生涯被ばく線量は100mSvだから、40mSvとか、30mSvとかは、その4割、3割をこの6年間で使い切ったことになる。しかも、空間線量の下がり幅は、線量が下がるにつれ、だんだんと下がらなくなる。だから、空間線量が下がったから、安心というわけではない。

こーゆーことを書くと、「危機を煽っている」とか、「放射脳」とか、罵られそうだが、リスクを考えるって重要だと思うよ。

2017.04.28 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8121-a408bf1d