下記のような記事を読むと、井上靜氏はどんだけ農業が嫌いなんだ!と思う。w

 報道によると、汗ばむ陽気となった6日、葛飾区の「郷土と天文の博物館」前の田んぼで、1年を通じて稲作を学ぶ同館の講座の一環の田植えがあり、親子連れなど約40人が参加、農村体験活動などをしているNPO「古瀬の自然と文化を守る会」(茨城県)のメンバーの指導で、子どもたちは「泥で足が動かないよ、助けて」と悲鳴を上げながらも、田んぼ2枚(約110平方メートル)の田植えを1時間半ほどで終えた。


 こういうの、どうなんだろうか。これはいちおう親子で自由参加なのだろうが、気が進まないのにやらされる子供は必ずいるものだ。

 かつて自分も小学五年の時、学校で強制された。身体が丈夫でないのに無理にやらされた子たちはつらそうにしながら我慢していた。今でいう「ブラック部活」と同じシゴキ感覚が、学校側にはあった。

 それを「米作りの大変さを身をもって知る必要がある」と教師は言うので、なんか中国の文化大革命の「下放」みたいだと言ったら、担任の女性教師に殴られてしまった。だから嫌な思い出だ。

 この程度のことは小学生でも五~六年生になれば普通に言う。よく運動会でマスゲームみたいなことをやらされるが「北朝鮮じゃあるまいし」とか言っていた。


 あと、ご飯を食べるなら作り方や作る大変さを知っておくべきだという、いちおうもっともな説明を教師がしても、ならコメなんて食べなくていいという子供が大勢いた。稲作は農作業の中でも特に大変な作業である。そんなことやめて他のものを食べたほうがいいのではないか。いや、もうすでにコメなんて好きじゃないからほとんど食べてないという人も、かなりいた。

 あと、左寄りな人の中には、天皇が労働とは程遠い儀式で田植えをしているのに頭にきてコメをボイコットしている人がいる。そもそも日本に貧富の差と重労働をもたらした稲作など否定し「瑞穂の国」であることをやめようというのだ。

 これは左翼だけでなく自民党など保守にも多いらしい。だからアメリカでさえトランプ大統領が拒否したTPPを促進し、日本の農業を壊滅させようとしているわけだ。

田植えを子供に強制するな

《なんか中国の文化大革命の「下放」みたいだと言ったら、担任の女性教師に殴られてしまった。だから嫌な思い出だ。この程度のことは小学生でも五~六年生になれば普通に言う》←言わないだろう。w

オイラ的には、都会の子どもには田植えの方がめずらしく、勉強するより楽しいのではないかと思う。あと、最近の子どもは、昆虫が苦手なので、少しは自然に親しむ行為をしないと困るのではないか。以前、教室にスズメバチが入り込んで生徒がパニックが起きたとき、オイラが教室の照明をすべて消させたところ、スズメバチが明るい窓の方に行った。その後、生徒を教室の外に出して、ノートで外に出したら、飛んで行った。これは、昆虫が明るい光を好むことを知っていたからできたことで、昆虫の習性を知らない子どもが大人になったら、このようなことはできないだろう。
下図は、鬼頭宏[著]『人口から読む日本の歴史』(講談社学術文庫、2000年)の16~17ページに載っている人口推移についての表から作成した原始~古代の人口動態グラフだ。横軸が西暦(年)でマイナスは紀元前である。縦軸が人口で単位は千人だ。



縄文時代の人口はいちばん多い縄文時代中期でも約26万人だ。現在の日本人の500分の1(正確には488分の1)の人口だ。それが農耕が始まった弥生時代から急増し、平安時代末期には700万人弱まで増えている。

下図は、その後(中世~現代)の人口動態グラフで、横軸が西暦、縦軸が人口(千人)である。



中世は人口が漸増し、戦国時代(1500年頃)に1000万人を超える。近世初期の100年間(江戸時代前期)で3倍の3000万人になり、その後(江戸時代中期~後期)停滞。近代になって激増して、昭和40年代に1億人を超え、江戸時代末期の4倍となる。

ここからわかることは、農業の発展が人口増加につながっているということだ。弥生時代~平安時代の人口増加は農耕の導入によって起きた。また江戸時代前期の人口増加は、惣村の成立と、鋤による耕作、田植え・施肥などの農業技術、そして幕府や大名による新田開発の結果である。近代以降の人口増加は、医療の発展で乳幼児が死ななくなったことも関係するが、化学肥料や農薬、農業機械の導入による食糧増産が大きい。

日本の農政が間違っているのは事実で、高い関税で外国の安い農産物が輸入を制限すると、人口のほとんどを占める非農業従事者は、高い食糧を食べなくてはならないので、たいへん迷惑である。しかし、EUが導入している共通農業政策のうちの所得補償を行えば、非農業従事者は海外の農産物と同じ価格で食糧を手に入れることができ、なおかつ農家も困らない。もちろん、そのために税金が使われるが、政府がバラまいている農業補助金(多くは圃場整備に消えている)よりもはるかに少なくて済む。

しかし、農業をまったくやめるというのは愚かなことで、まず食糧輸入をしないで農業をやめたら、ほとんどが餓死して、人口が500分の1になってしまう。これはありえないので、工業製品を輸出して食糧を輸入する場合だが、2050年くらいに世界人口が100億人になるので、海外からの食糧輸入が困難になり、やはり人口が激減するだろう。まあ、ほっておいても、人口は激減するんだけど、それ以上に減ってしまう。

井上氏個人がどんだけ農業が嫌いでも、農業は日本には必要なので、守り育てなくてはならないのだ。

2017.05.10 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8166-c4acdb3c