りりぽん(須藤凜々花)「結婚宣言」事件であいまいになったが、NGT48不正投票疑惑がある。これは、速報発表時にNGT48メンバーが上位に名を連ね、何か不正があったのではないかという疑惑だ。実際にNGT48メンバーのモバイル投票が重複投票できたので、それがネットで話題となった。しかし、運営に委託された株式会社ゴンドラが重複投票疑惑を否定した。

下表は、選抜総選挙で80位以内に入った者のうち、速報で「圏外」だった9人を除いた71人が、速報での獲得票が総得票の何%を占めているかと、その偏差値を表している。


25位の高倉萌香は75.70%(偏差値80.38)、5位の荻野由佳は75.05%(同79.92)、13位の本間日陽は60.71%(同69.84)だった。高倉と荻野は17日間の最初の1日に4分の3(75%)を獲得したことになる(本間は6割)。しかも、その後の16日間で4分の1(25%)しか獲得していない(本間は4割)。

問題はそれが起きる確率で、偏差値はそれを表している。高倉の80.38は1000分の1.2、荻野の79.92は1000分の1.4、本間の69.84は100分の2.3という数字だ。71人なので、100分の2.3はありうるが、前二者はありえない数字である。つまり、本間はセーフだが、高倉と荻野はアウトということになる。

これはレヴィットとダブナーが『ヤバい経済学[増補改訂版]』(望月衛[訳]、東洋経済新報社、2007年)で相撲の八百長を暴いたのと同じ手法である。7勝7敗の力士の8勝6敗の力士に対する勝率が、期待値は48.7%なのに、実際は79.6%もあった。同じく、7勝7敗の力士の9勝5敗の力士に対する勝率が、期待値は47.2%なのに、実際は73.4%もあった。

ちなみに、いちばん数値が小さいのは10位の北原里英の6.84(偏差値33.22)だった。また23位の中井りかは17.70(同37.48)だった。だから、NGT48全体が不正投票しているというわけではない。

2017.06.20 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(2) |

ランクインメンバーだけでは統計学的に有意差があるとは言えないのではないでしょうか?(速報ランクインを狙って投票された本番ランク外メンバーもいるはず。)あくまで参考値である旨を書き足すべきではないでしょうか。

2017.06.28 02:18 URL | #wLMIWoss [ 編集 ]

ご指摘のとおりですが、

1.全メンバーの速報値と獲得票数はこの先明らかにされることはない。
2.1~80位の得票数で投票総数の77.74%を占めている。

ので、そんなにまちがった数字ではないと思いますよ。

2017.06.28 09:34 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8312-358baa53