資料として掲載。

 17日のAKB48選抜総選挙開票イベントのスピーチで前代未聞の「結婚宣言」をしたNMB48須藤凜々花(20)が21日、都内でスポーツ紙の合同会見に臨み、グループを卒業する決意を明かし、宣言の真意も説明した。一問一答は以下の通り。



 ――発表から4日がたって心境は

 須藤 自分の口から発表する時に、大変いろんな方面にお騒がせしてしまって…。分かった上で発表して、発表した後の反応だったり、いろんな媒体だったりで目にしたり、直接連絡を受けたりして、それは自分がその時にそうなることを分かっても言いたくて言ったので。だからどう向き合っていこうかといろんな人と相談しながら、でも結局は自分で考えなきゃいけないって、考えていました。

 ――週刊誌の報道通り結婚も予定している

 須藤 はい。でも時期はまだ決まっていないです。

 ――約束はした

 須藤 はい

 ――プロポーズは受けた

 須藤 今年に入ってから。あまり詳しくは言えないんですけど。卒業してから結婚しようと約束を。

 ――いつごろからの付き合いで、どういうきっかけ

 須藤 昨年末、母親の友人で知り合って

 ――一部で相手はファンの方と言われていましたが違う?

 須藤 はい。

 ――発言後の彼はどういう反応を

 須藤 気持ちは変わらず。「一緒に絶対にすてきな人生を歩んでいこうね」って言われました。
 ――開票イベントのステージで発表するということは彼に伝えてあった

 須藤 はい。

 ――なぜあの場を選んだ

 須藤 自分の口で絶対に言いたくて。あの場で言うのはすごく悩んだのですが、絶対にファンの方には自分の口で伝えたくて、あそこを選びました。

 ――選択肢としてはNMB劇場もあったと思いますが、広く知られるから総選挙を選んだ

 須藤 すごく総選挙は、特別なイベントで、ファンの方と一緒に作り上げるイベント。なので私の個人のことですごく水を差してしまうって思ったのですが、どうしても言いたいと思って決めました。

 ――週刊誌の取材が来てあそこで言わないと週刊誌に先に報じられてしまう。だから総選挙だったのか

 須藤 事務所に問い合わせは来ていなくて、相手のところに来たって連絡を受けて、私の方から大人の方に相談した。総選挙だから、目立ちたいから、言ったわけではない。

 ――タイミング的にここしかないと

 須藤 あの場で言わなくても後で言えると思ったけど、でも絶対にスルーだけはしたくなくて。今までの活動も、好きな気持ちも真剣にやってきたので、スルーしたら大切にしてきた2つの感情を不誠実にしてしまうと思ったので、総選挙で発表するということを選びました。

 ――結婚したいという気持ちの方が、週刊誌で報じられるより強かった

 須藤 それもあるし、ファンにもちゃんと自分の口で伝えたかった。

 ――総選挙時には報道が出るということは知っていましたか

 須藤 ネットで騒がれているというのは知っていた。相手のところに来ているのも知っていたので、自分だろうなというのは思って相談しました。

 ――相手は20代半ばの医療関係者と報道されていますが、間違いないですか

 須藤 一般の方なので詳しくは言えないんです。

 ――今後どうするか決まっていますか

 須藤 今の時点では卒業したいって。する方向で考えていて、卒業しないっていう提案も受けましたが、卒業することを考えていて、できるならばそう思ってます。

 ――選挙スピーチで結婚を話そうと決めた時から頭の片隅に卒業はあった

 須藤 言った時は、卒業は、まだ今後のことは相談するという段階でした。でも、卒業してから結婚するって約束していたので、卒業する方向で考えていた。いろいろな提案を受けて、いろいろ考えた。

 ――2人の間では卒業して結婚と約束していたから卒業したい

 須藤 (無言でうなずく)

 ――卒業後のタレント活動は

 須藤 う~ん。自分がやりたいことはありますし、夢を持って入ってきたので、それは絶対に諦めたくない。ファンもそれを一緒に追いかけて応援してくれたので、それは絶対に諦めないで、芸能活動にこだわらず、まだ決まっていませんが、それは諦めないです。

 ――哲学者になる?

 須藤 はい。

 ――どういうジャンルでの活動になるのか。学者なのか、タレントなのか

 須藤 いろんな方法があるので、だから具体的には。今はっきり言っちゃうと、今後どうなるか分からないので。

 ――大学に行こうとかそういう計画はあるか

 須藤 はい、個人的には

 ――タレント活動は排除していない

 須藤 そうですね。夢を目に見える形で届けるためにその選択肢もあるかと。

 ――芸能界にいるからこそかなう夢もある?

 須藤 今までのグループ活動で哲学書を出させていただいたこともあるので。

 ――AKBが大好きでグループに入ったと思いますが「プロポーズされて卒業」で後悔はない

 須藤 このグループは好きだったのですが、アイドル活動に対してというよりはNMBの活動、みんなでNMBを盛り上げていきたいって、今すごく大事な時期だったので、それにはすごく、すごく…(涙ぐむ)。葛藤があって今までも割り切れなかったのは「好きになったら卒業すればいいじゃないか」って言われるのもその通りなんですが、活動も絶対に放り投げたくないというのも本当です。アイドル人生に悔いはないんですが、NMBに対する思い、ファンの方との絆という面で、すごく心残りはあります。

 ――東京出身で家族も東京にいる。大阪だとお母さんも心配だと思うけど、それも選択肢に入ってる

 須藤 母親の存在ですか? いや、自分でそう思いました。

 ――メンバーには誰か相談していた

 須藤 直接的な話はしてなかったです。

 ――発表後は誰かと話した

 須藤 当日宿泊先でNMBには全員の前で話しました。次の日の撮影で話せる先輩にはあいさつにうかがいました。謝罪です、先輩には。メンバーには自分の思いを全部話しました。今までのこととか。

 ――反応はどうでした

 須藤 誰にも言っていなかったので、スピーチしている最中にメンバーはネタだと思ってガヤみたいなことを言ったことで、総選挙自体、無観客で盛り上げなきゃいけないとNMBメンバーは思っていて、とっさの判断で声を出してくれた。でもそれでたたかれたりしているのを見て、本当に申し訳なくって。でも、メンバーは責めたりはなく、全部聞いてくれました

 ――山本彩さんには話した

 須藤 話しました。自分で決めたなら、その道を進むしかないと思うし、だから、これからもちゃんと自分の信念を貫いたまま、自分の頭で考えて。「責任を取りたい」って言ったんですけど、「考えてきな」って言われました。

 ――総じてみんな背中を押してくれている感じだった

 須藤 どうしていいか分からない状態で、メンバーもすごくいろんな気持ちがあると思うんです。どう接していいか分からない。キャプテンもそこをすごく心配していて。なので全員ともう1度話す機会を持ちたいって思いました。

 ――ショックを受けたファンは少なからずいた。ファンに向けて

 須藤 本当に、本当にすごいアイドル活動している中でも、アイドルらしくないことをしてもすごく支えてくださったファンの方々だったので、本当に本当に大好きで、大好きな人たちを傷つけちゃったんですけど。でも、本当に今まで接してきた私は、本当にファンの方と過ごした日々は、全部うそはないですし、これからもずっと、傷つけて、すごく傷つけて、批判されても、嫌われても当然のことをしてしまったんですけど、私としては絶対、ここまで応援してくださったことを絶対に忘れずに夢を実現させたいです。ずっと向き合い続けたいと思います。

 ――プロポーズされた時期は分かりませんが、もしプロポーズされていたなら、総選挙に出ない判断はなかったのか

 須藤 本当にどっちも真剣に活動していきたいと思っていたので、辞退の選択肢はなかった。グループを盛り上げるためにも総選挙に出たいと強く思って出ました。

 ――その時点ではプロポーズはされていなかった

 須藤 もうお互いにそういう気持ちはありました。

 ――プロポーズは男性からされた

 須藤 はい。

 ――指輪とかは

 須藤 もらってないです。

 ――直接言われて結婚しようと思った

 須藤 その前から。好きな人ができた時点で卒業を考え出していて。でも、このグループの活動をしていきたい。このまま放り投げられない。育てていただいたので。このグループがすごく好きだし。だから、ずっと割り切れずにいました。でも、両方を真剣にやってきました。

 ――初めて人を好きになったと。何にひかれた

 須藤 分からないです。初めて会った時から好きだなって思って。でも、その好きがよくわからなくて。今は本当に好きってこういうことなんだなって思います。

 ――哲学できなかったってことですね。哲学で感情を解説できなかった

 須藤 哲学で解説ですか。でも哲学はかっこいいから好きになるではない。好きになったから好きなので。逆に哲学で愛の本を読んでも私は理解できなかった。

 ――妊娠してるわけじゃない

 須藤 はい。してないです。

 ――恋愛禁止は頭にありましたか

 須藤 恋愛禁止は私個人的な意見ですが、自分の判断に任せるものと認識していました。

 ――アイドルの恋愛論について世間の賛否両論は知っていますか

 須藤 私の意見ですか? 私は…、私は…、アイドルが好きだった身ですし、好きになる気持ちが分からなかった時は、ものすごくグループのことに一生懸命になってたら、恋愛する暇はないと思ってた。でも人を好きになって思ったのは、恋愛禁止ってルールで我慢できる恋愛は、恋愛じゃないんじゃないかなって思ってしまいました。

 ――本にもそんなくだりがありましたよね。自分の哲学は間違っていなかった

 須藤 でも今回こうやって騒がれてるのは、いろんな要因があって。自分にも立場もありますし、応援してくださる気持ちもありますし、そうやって恋をしちゃったから仕方がないって割り切れないのも本当です。

 ――卒業生からの批判は普通ならショックですが

 須藤 本当に私もずっとこのグループが好きで見ていたので、自分の勝手なことで、総選挙っていう今まで先輩方が築き上げてくださったものに水を差してしまったことは本当にすごく申し訳ないって思ってました。

 ――あそこまでの反応は想像していなかった

 須藤 でも、どんな批判も覚悟していました。そのことを考えていなかった訳ではなく、その上で言いたかった。

 ――周りからどう言われても折れるわけじゃなかった

 須藤 はい。今まで活動してきたことに対しても自分の口で言わなきゃと。

 ――総選挙期間は苦しかった。ずっと言いたかった

 須藤 はい。

 ――最終的にいつ言おうと決めた

 須藤 言うことは自分の口から言いたい。言わないって選択肢はあの場では限らず無くて、総選挙で言うのを決めたのはいろんな人と相談して、ギリギリまで相談して。話したってことを伝えて、それをいろんな人たちが確認してくださった。一部の方々なんですが。

 ――相手方のご両親にあいさつは

 須藤 いや、相手方の親御さんも私の親も結婚を前提に付き合っているっていうことは知っていたんですけど、あの場で発表するとは知らなかった。

 ――交際期間中で家族ぐるみでの付き合いをしていた

 須藤 はい。家族ぐるみの付き合いです。

 ――正式なあいさつは

 須藤 正式ではなく、相手から伝えてもらってた。

 ――婚約までしていますか

 須藤 約束をしてます

 ――どんな家庭を築きたい

 須藤 すごく幸せにしたいと思います。

 ――結婚にどんなイメージを持っていますか

 須藤 それを知りたいなと思って。初めて結婚するならこの人がいいなって思いました。ずっと一緒にいたいなって思ったから結婚したいなって思いました。

 ――相手はアイドルの須藤凜々花を好きで、やめないでという気持ちなのか、それともやめてほしかったのか

 須藤 相手は私の意志を尊重してくれています。

 ――遠距離恋愛だった

 須藤 はい、そうです。

 ――彼氏がステージとかを見に来たことは

 須藤 ないです。

 ――お母さんの友達だったといいますが、向こうは須藤さんが芸能人であることは知っていた

 須藤 最初に会った時点では、そう伝えていたかはわからないです。

 ――遠距離で会える頻度は

 須藤 本当にバラバラだったんですけど。大阪での活動が多かったりして、あまり会えなかったです。でも、毎日じゃないですけど、連絡はとっています。

 ――仕事で東京にいった時に会っていた

 須藤 あまり外で会わないようにという気遣いは

 ――お母さんの友人とは

 須藤 あまり分からないです。最初に会ったのは、多分お母さんの誕生日会だったと思います。

 ――その人に会うまではNMBの活動中に恋愛すると思っていた

 須藤 アイドルじゃなくても、結婚も、恋もできないと思ってました。

 ――初めての彼氏ですか

 須藤 はい。

 ――ドキドキしたりした時期に動揺は

 須藤 動揺してましたし、今も動揺しています。

 ――最初に会ったのは

 須藤 交際する前から。ずっと知り合いとして前から知っていたので、あまり覚えていないんですけど。

 ――誕生日会はいつごろ

 須藤 適当なことを言ってるかもしれませんけど何年か前から知っていた。

 ――数年前の誕生会ということですが

 須藤 えっと、数年前…。一昨年の11月。

 ――その1年間はずっと恋しているかなと思っていた

 須藤 人間として尊敬してました。

 ―― 交際は向こうから

 須藤 はい。

 ――外見ではなく考え方にひかれた

 須藤 最初にすてきだなと思ったのは、たたずまい。たたずまいがすてきだなって。あんまり説明できないんですけど、下心がないというか。分からないですけど、目の色です。

 ――卒業時期はいつごろですか

 須藤 全然決まってないです

 ――年内に結婚はしたい

 須藤 結婚を早くしたいわけではなくて、一緒にいたいなって。結婚はいつでもできるかなって思ってますけど、それは相談して決めます。

 ――まだ決めていないということですが、残りはどんな活動をしますか

 須藤 本当に申し訳ないっていう気持ちがすごくあるんですけど、それより感謝したいと思っています。両方一生懸命やってきたので、全力でやっていきたいと思っています。

 ――これだけはやりたいことってありますか

 須藤 ちゃんとメンバー全員と話して。

 ――今週末の握手会は大丈夫ですか。いろいろ言われるかもしれない

 須藤 はい。それは当然ですし、ちゃんとしゃべりたいなって思います

 ――大学を目指していたのにアイドル活動を行ったことは

 須藤 本当に人間としてすごく成長させていただきました。本当にここまで熱くなれることだったり、その熱さを共有できる仲間やファン、スタッフさん。絶対にこれ以上の仲間は現れない。自分にとってすごく大切なものだったし、これからもずっとそうです。

 ――自分の気持ちを大切にしたことに後悔はない

 須藤 はい。今まで後悔したことはなくはないですし、後悔も反省もしてます。でも、自分の気持ちを大切にしてきた選択なので、受け入れてます。その反応も全部受け入れます。自分の言葉で話せて良かったです。

須藤「初めて会ったときから好きだな」一問一答全文

2017.06.22 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8321-f9a45c7d