よしりん(小林よしのり)が「恋愛至上主義」批判をしていた。w

小林麻央さんが亡くなったらしい。
何の関わりもないが可哀そうだ。
元気になればいいのにと祈っていたが、ダメだったか。

須藤凜々花が人妻アイドルという可能性があったというが、人の妻に疑似恋愛はできないだろう。
以前もグリコと提携して主婦がAMBに入ったが、アホらしくて見る気もしなかった。

CDを何十枚、何百枚も買わせる疑似恋愛がAKBを支えているということを、部外者は誰も分かっていない。
秋元康も分かってないようだが、荻野由佳を速報で1位にするヲタをナメちゃいけない。

わしも昔は馬鹿みたいにCDを買って、票を入れてたから、今も処分できずに段ボールに残っている。
わしの場合は疑似恋愛ではなく、親父が娘を思う気持ちだったのだが。
今回もわずかな票だが、みおりんに入れてしまった。
圏内に入って良かった。

スポンサーはヲタであって、外部の芸能人やコメンテーターではない。
くらたまがAKB愛があるわけもないのにディスったから高橋朱里が謝罪したのかもしれんが、わしは来年、朱里に票を入れるのだから、自分を貫け。

しかし朝ドラの島崎遥香は見事な演技だ。
AKBにいるときから、この子の演技は評価していたが、女優としても存在感があるな。

恋愛至上主義をわしはくだらないと思っている。
恋愛なんかより価値があるものはある。
恋愛が人権だと言ってる弁護士などを見ると、心底馬鹿だなと思う。

恋愛至上主義はくだらない

「恋愛至上主義」はくだらないが、恋愛する自由=幸福追求権は立派な人権だ。

りりぽん(須藤凜々花)「結婚宣言」問題は、ヲタだけwが盛り上がる「総選挙」というイベントを台無しにされたというミクロな問題なのだが、「恋愛禁止」は人権侵害!というマクロな問題にすり替えられて論じられる傾向がある。これは、よしりんも同じで、ミクロな「結婚宣言」でマクロな人権=恋愛の自由を否定しているところが、心底バカだなと思う。w

ちなみに、「恋愛至上主義」って、オイラがカッコに入れたのは、やたらと恋愛して肉体関係を結んでしまうことは、北村透谷らが唱えた恋愛至上主義と関係ないからだ。もともとの恋愛至上主義は、精神的な恋愛を神聖視して、肉体的な恋愛は否定することなのだ。たとえ片思いであっても、心の底からの「情熱こそがすべて」であるのが恋愛至上主義である。だから、「片思いならOK」というやすす(秋元康)流の「恋愛禁止」とも矛盾しない。また、結婚に拘泥していないので、「結婚宣言」を恋愛至上主義とするのはマチガイである。

以前、よしりんの読書は身になっていない、というよりも、そもそも読書してないだろうという記事を書いたことがある。

よしりんの読書歴と知の枠組

りりぽんの本は読んでないが、Amazonなどの書評を読むと、よしりんの仲間のような臭いがする。だから、本を買って読んで残念なキモチになるのが嫌で、買わ(え)ないんだが…。

2017.06.24 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8324-5c6cf751