…と高校野球の監督がのたまったとか。w

  「野球と勉強の両立は無理」「文武両道などあり得ない」。創部52年で初の甲子園出場を果たした下関国際高校(山口県)の坂原秀尚監督(40)のこうした持論に、アスリートでタレントの武井壮さん(44)が噛み付いた。

  勉学もスポーツもできトップに立っている人もいる、とし、そうした人たちはスポーツ人生が終わっても次の活躍場所からの引く手はあまただ、とした。そして、学校のスポーツも勉強も、やればやるだけプラスになり人生の武器になる、とした。

     (中略)

  事の発端は2017年8月14日付けの「日刊ゲンダイ」。坂原監督の見開きインタビューが掲載されていて、「文武両道という言葉が大嫌い。あり得ない」という大きな見出しが付いている。下関国際高校の偏差値が「36」(山口県下関市にある予備校)ということもあってか、進学校の野球部に対する強烈なライバル心をむき出しにしている。05年に監督に就任当時はかなり野球部が荒れていた。そのためマナーを徹底的に叩き込み半強制的に練習をさせてきた。遅い時は23時までやらせる。それは野球技術を磨くだけでなく選手間の連帯感を持たせるため。そして、

「そういうものを大切にしていかないと、うちのような弱いチームは他に勝てない。進学校さんはそういうやり方が嫌いだと思いますけど」

と語っている。自主性をうたう進学校には絶対に負けたくないし、進学校と対戦する時は普段練習していないだろうと思い、試合時間を長引かせ相手をヘトヘトに疲れさせてやる。野球と勉強の両立について聞かれると、

「無理です。『一流』というのは『一つの流れ』。例えば野球ひとつに集中してやるということ。文武両道って響きはいいですけど、絶対逃げてますからね」

とし、文武両道は「二流」だとした。そして、他校の監督は「楽しい野球」というが嘘ばっかりだ、とも。自分は現役の時に日々の練習が楽しいと思ったことはないし、「楽しく」という餌をまかなければ選手を集められない学校を否定した。

「文武両道などあり得ない」偏差値36甲子園初出場監督の持論に武井壮が噛み付く

監督がどう考えようが、甲子園に出場した翌年から、(偏差値と無関係に)甲子園に出場したい球児が入学してくるので、偏差値がだんだんと上がり、監督の嫌いな「文武両道」になってしまうであろう。w

オイラの大学・大学院時代の恩師は、某国立大学を無事退官して名誉教授になっているが、最初に勤めた大学がかなりヤバイ大学だった。←といっても、スポーツでは誰でも知っている強豪大学。

「ホントに酷かった」と言うんで、「そんなことないでしょ」と答えたら、「いやいや、酷かった。なんて言ったら分かってくれるかな」と言う。

「そうだ。成績のよい学生はみなスポーツ推薦だった

スポーツ推薦=成績は良くないと考えがちだが、運動能力の高さと頭の良し悪しはかならずしも相関関係にあるわけではない。同じくらい頭が良くても、ねる(長濱ねる)やよねさん(米谷奈々未)は運動能力が高いが、さくちゃん(宮脇咲良)やまどちゃん(森保まどか)は運動オンチだ。

ひとたび甲子園に出場してしまうと、甲子園に行きたい球児が入学してくる。その中には、頭の悪い子もいれば、良い子もいるので、偏差値がもともと低い学校では、その結果、偏差値が上昇してしまうのだ。

学校の理事会の連中は、内心ではそれを狙っているので、監督に「文武両道という言葉が大嫌い。あり得ない」なんて言ってほしくないと思っているよ。w

2017.08.18 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8539-1643892e