昨夜の「けやかけ」は、メンバーの話す怖い話だったんだけど、全体的にアカン話が多かった。てか、話すのが苦手なメンバーばかり登場って感じ。あと、終わりの方で展開された長沢くん関係の怖い話は、なかなかだったが、いわゆる実話怪談ではなかった。w

そんな中でいちばんこわかったのが、おぜちゃん(尾関梨香)の話だった。



おぜちゃん自身が霊感があるんだけど、今回は霊感の強い先生の話。


「昔 通ってた学校の先生がとても霊感のある先生で、よく心霊話をしてくれました」

「先生は実際に霊を見ることができて」



「ホテルの部屋でお風呂に入っていたら、シャワーカーテンを開けると女の人が立っていたり」

「ベッドに寝転び、天井を見ると、黒い人影が無造作に動いていたり」

「とにかく、色んな話を教えてくれる先生でした」
「今までよりも、もっと怖い話があるから、次の授業の時に話すね。楽しみにしててね」

「でも、先生が学校に来ることはありませんでした」



「先生は亡くなっていたそうで、今でも原因不明なようです」


「(死因が)病気とかじゃなくて」

「若い先生なんですよ」



「霊感が強いから連れて行かれたんじゃないか」


しかし、その横で井口眞緒が着付けを直されていて、その分、怖さが減退。



「邪魔すんな」


実話怪談でいちばん怖いのは関係する人が亡くなる話。稲川淳二「生き人形」、ファンキー中村「守りの虎」、西浦和也「獄の墓」なんかがそうだ。おぜちゃんの話もこの手の話で、「若い先生なんですよ」って言ってるくらいだから実話なんだろうね。

2017.08.21 | ├ 欅坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8546-9b2af81b