小野政次(道好)善人説と引き換えに、近藤康用悪人説ですか?

 NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」第33回「嫌われ政次の一生」で、高橋一生演じる小野政次がついに最期を迎えた。しかも、処刑場で磔(はりつけ)にされた政次を、長槍で刺しとどめを刺すのは、ほかならぬ井伊直虎(柴咲コウ)。裏切り者としての「小野の本懐」をまっとうさせるため、誰よりも深く政次を理解する直虎自らの決断だった。岡本幸江プロデューサーに、政次最期のシーンに込めた思いを聞いた。

政次死す! 「おんな城主 直虎」岡本プロデューサーが語る“衝撃の最期”の真相

近藤康用とは、井伊谷三人衆の一人で、橋本じゅん氏が演じている。龍雲丸(柳楽優弥)率いる盗賊(龍雲党)に材木を盗まれて怒ってた人って言えばわかるだろう。そのときから井伊氏に遺恨があるようで、それを晴らすために政次を陥れたことになっている。



政次奸臣説は『井伊家家伝』が元になっている(直虎=次郎法師=女性説も)。ところが、資料提供した夏目琢史氏と時代考証の大石泰史氏が、『井伊家家伝』は江戸時代に書かれたので、徳川氏・井伊氏を批判できないから、小野政次が悪人だったことにしているのだという。この説をもとに脚本を書いたようだが、政次のような一般にあまり知られていない人物に対して、通説とは異なる説を持ち出すのはどうなんだろうね。それだったら、直虎=男性説はどうなんだよ。w

だいたい康用は、家康の遠江攻略のとき、高齢(とはいえ50代)で歩行困難だったらしく、息子の秀用が従っていた。秀用は、その後に大名に取り立てられたが、なぜか子孫に領地を分け与えたので、子孫は旗本となっている。やらた出てきた気賀も、子孫が代々代官を務めてきたのだ。子孫は不愉快じゃないのかね。w

ちなみに、近藤氏は、『今昔物語』の「芋粥」に出てくる利仁将軍(鎮守府将軍・藤原利仁)の子・叙用[のぶもち]の子孫ってことになっている。代々「用」の字を名乗っているのはそのため。


小野氏は、小野妹子や小野篁の子孫を名乗っていて、政次のもう一つの名、というよりこっちの方が有名なんだけど、「道好」ってのがヤバイ。小野道風と小野好古から一字ずつ取っている。道風は、平安中期の貴族で、「三蹟」の一人。柳の枝に飛びつこうとするカエルを見て、「努力は必ず報われる」って思ったという伝説がある。好古は、その兄で、武人として有名。承平天慶の乱で、大宰府を襲撃した藤原純友を博多津で撃退した。文武に優れた祖先の兄弟から一字ずつもらって、「俺ってスゲエだろ」ってところが、ちょっとヤバイ。

直満-直親-直政(虎松)とは、親(政直)の代から敵対してて、直満は政直が、直親は政次がそれぞれ今川氏に殺させており、虎松も亡き者としようとした。井伊氏のために芝居を打っていたって誰が信じるだろうか?w

圧倒的に悪い人が出てきちゃいけないのかね。悪の美学だってあるだろうに…。そういう人がいないと、ドラマがちっちゃくなっちゃうんだよね。ただでさえ、静岡県内、てか浜松市内に収まっちゃう、ちっちゃなドラマなのに…。直虎も、何も柴咲コウがやる必要ないんだよ。オダナナ(織田奈那)でじゅうぶんだよ。w

2017.08.21 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(4) |

槍で一突き!
母が悲鳴上げてました( ˘•ω•˘ )
主役は政次でよかったかもですね。

2017.08.21 21:43 URL | cha-cha #- [ 編集 ]

小野政次は、井伊直虎にとって、毛利元就に誅殺された井上元兼(大河ドラマでは片岡鶴太郎が演じていた)みたいな存在だったと思います。

元兼は、毛利氏の財政担当の重臣で、元就の家督相続に協力して功績をあげたのですが、それを理由に専横を極め、元就をないがしろにすることが多かったようです。元就は、27年間、がまんにがまんを重ねて勢力拡大をはかり、井上一族を粛清しました。息子の小早川隆景あての手紙で、幼いころに所領を横取りされたことなど積年の恨みつらみを書きしたためています。

直政(虎松)の母は、父(奥山朝利)と夫(直親)を政次に殺されているので、直虎よりも恨んでいたと思います。

政次の弟・朝直は、桶狭間の戦いで戦死しますが、名乗りに「朝」の字があるように、舅である奥山朝利との関係が深かったようです。だから、政次が殺された後も、子の朝之は直政とその子・直勝に仕え、安中→掛川→与板藩の家老となり、小野氏は存続するのです。

2017.08.22 00:21 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

すごい!
つながりますね、人と歴史が。
勉強になりました。
ありがとうございます(^◇^)

2017.08.22 21:57 URL | cha-cha #- [ 編集 ]

元就をずっと支えた志道広良(中村梅雀さんが演じていた)も、元就の子・隆元には「君は船、臣は水にて候。水よく船を浮かべ候ことに候。船候も、水なく候えば、相叶わず候か」などと言っていたそうです。主君は船で、家臣は水。水がなけりゃ、船も浮かばないでしょってね。w

井伊谷三人衆も、井伊氏がちゃんとしていたときは従っていましたが、男性がみんな死んでダメになったら今川につき、今川がダメになったら徳川についたので、どこも似たような感じですね。直政が出世すると、家康が彼らを直政に仕えさせるんですけど、うまく行かずに出奔しちゃうんです。

直政が死ぬと、子の直勝は家臣をまとめられず、弟の直孝が代わって彦根藩主となり、直勝は支藩の安中藩主となります。ところが、井伊谷からの家臣は直勝に、直政に召し抱えられた旧武田家臣団が直孝に従うことになるのです。新旧家臣団も仲良くなかったようです。

2017.08.22 23:33 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8548-4a9912a0