脳がおかしい

 自民党の丸山和也参院議員は19日夜、岩手県一関市であった衆院選立候補者の個人演説会で「相手候補に投票する人は脳がおかしいなどと発言した。

 応援弁士として演壇に立った丸山氏は相手候補に投票する有権者を認知症と言ったら怒られるけど、判断力、脳がおかしいとしか言えない」と批判した。演説会後「言い過ぎたかもしれない」と釈明した。

 演説会には約250人の支持者が集まった。

<衆院選岩手>自民・丸山氏「相手候補に投票する人は脳がおかしい」

投票日の2日前に「相手候補に投票する人は脳がおかしい」なんていう人の方が「脳がおかしい」としか言いようがない。問題になるとは思わなかったのだろうか?

去年、問題になった「いまアメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ、はっきり言って」も、アメリカのダイナミズムを主張したかったようだが、オバマ氏は、黒人奴隷の子孫ではなく、ケニア移民の子だ。

STAP細胞についても、ネイチャーが小保方晴子氏の論文を撤回するに至っても、「STAP細胞の財産的価値を日本の知財の輝ける成果として、世界に挑戦してゆくことこそが望まれている」と、その存在を信じているようだった。

ホントにダイジョウブですか?

2017.10.21 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8800-cc01eef2