ネットを見てると、安倍政権より民主党政権の方が成長率が高かったって行ってる人がよくいる。コレとか…。


経済成長率には、物価変動を考慮した実質値と、考慮しない名目値がある。気をつけなきゃいけないのは、実質値は、デフレ=物価が下落すると、実態以上に高く見えてしまうのだ。だから、デフレのときは名目値の方が実態を表していることが多い。

実質経済成長率と名目経済成長率(%/年度)


日本は、1998年以降ずっとデフレだったから、《実質値>名目値》だった。民主党政権時代(2009~12年度)も同じ。しかし、安倍政権(2013年度~)になって、金融緩和が効いて物価がやや上昇し、《名目値>実質値》となった。

名目値で比べると、《安倍政権>民主党政権》なのがわかる。

オイラは、安倍ちゃんも自公政権もキライだが、アベノミクスが成功していることは認めないとダメだ。

2017.10.26 | ├ 経済ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8823-e4d9d234