福島の小児甲状腺がんは「過剰診断」だと言っていた森奈津子さん。ちなみに、手術した102件中101件は、病理検査で悪性腫瘍=がんだったと診断されている。


近藤誠「がんもどき」論=がん放置療法は否定するんだな。


近藤誠信者は、子宮頸がんワクチン副反応問題では饒舌だが、福島の小児甲状腺がん問題では沈黙しているものが多い。ズルイ人は都合が悪いことには口を出さないものだ。

それと比べたら、この人はけっこうヤバイな。一方では、がんを放置しろ!といいながら、もう一方では、がん放置療法を非難している。しかも、自分も乳がんになって手術をしたことがあるらしい。当事者じゃないか。「脳内フローラ」なんだろうか。w

腸内には通常では共存できないような多種多様な種類の菌が平和共存していて、その状態を「腸内フローラ」と呼ぶ。フローラとは「お花畑」のこと。「脳内フローラ」とは、通常では共存できないような種類の思考が平和共存している状態のことだ。

2017.11.09 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8882-55dad6e6