FC2ブログ
こんな書き込みが某ファンサイトにありました。

つい先、VIVI 一月号を読みました。見る見るうちに、感想が溢れるぐらい、早速書かせてもらいます。

インタービューの内容はすべてアルバムの曲についていっぱい語ってくれました。まず、何で急遽ミニ→フルアルバムに変更したのを解釈した。そのわけは、「ある日に伝えたいことが溢れてきて、詞は一日に2、3曲ハイスピードで書き上げた。」あ~なるほど

けっこうスゴイことが書いてあるんだが、「あ~なるほど」で済まされている。www

この先も延々と“Secret”にかんする情報が書かれているんですが、発売されてないはずなのに、なんでこの人は内容を知ってるんでしょうね。

出版関係者でAyuファンなら、事前に内容を知ることもできるから、まんざらウソとは言い切れないし…。

まあ、それは11月23日になったら、わかることです。
で、スゴイことというのは「ある日に伝えたいことが溢れてきて、詞は一日に2、3曲ハイスピードで書き上げた。」の部分。

旧ブログで書いたのと、同じ現象がまた起きちゃったようですねぇ。

〈おぞましきもの〉狂気と正気、あるいはその瞳に映るもの

“Secret”が、最初ミニアルバムとして制作されるはずだったのが、フルアルバムになったのは、これがあったからなのか。

ここに出てくる「連想の洪水」を最初に知ったのは、故・宮城音弥氏が『天才』(岩波新書、1967年)で書いたフーゴー・ヴォルフ(1860-1903)にかんする文章であった。現在、この本は家のどこにあるかわからなくなってしまったので、福島章さんの『天才』(講談社現代新書、1984年)にあるヴォルフにかんする文章を引用する。なお、福島さんの本では、「ヴォルフ」が「ウォルフ」、「リート」が「リード」と英語風になっている。もともとヴォルフはオーストリア=ハンガリー帝国の人なので、ドイツ語で発音すべきなのだが…(ホントはスロヴァキア人だが)。

  ウォルフはもともと分裂気質の人であったが、四十三歳の若さで、進行麻痺のために死んだ。

  進行麻痺は梅毒に感染してから十五年前後たってから発病する精神病で、痴呆と運動障害が主症状となるが、日本の思想家大川周明のように躁状態で発病する人もいるし、うつ状態になる人もある。しかし、パトグラフィの面から見て興味ある点は、この病気がまだ潜伏期・前駆期にあって、神経症状などがあらわれない時期に、軽躁状態や、それにともなう創造性の高揚を示す天才がしばしば見られることである。たとえば哲学者ニーチェ、落語家三遊亭円朝などが小田晋氏らによって研究されているが、ウォルフもその一例といえよう。

  彼は、少年時代から作曲をしていたが、天才的と評価される作品を急に書きはじめたのは二十七歳ころからである。二十八歳のときには、メーリケの詩をもとに三ヶ月で四十三曲のリード(歌曲)をつくり、数ヶ月おいて、こんどはゲーテの五十一の詩に二ヶ月余て曲をつけてしまった。結局、その三年間には約二百曲のリードをつくった。その後、抑うつ-苦悶状態があいだに入ったが、三年半後に躁状態となったときには、オペラとリードを多作している。

  ここでは、ウォルフの作曲がオペラとリードに集中していること、つまり詩や台本を刺戟として、それに対する「連想」(このばあいは旋律)が豊かに流れ出ていることも注目されるべきであろう。心理学のことばを多少拡大して使えば、これは一種の共感覚の亢進といってもよい。共感覚とは、音を聴いて色が連想されたり、色を見て匂いを感じる現象で、人間では進化の過程ですでに分化している各感覚様態が通底することである。このような現象は子どもや躁状態に多いといわれる。

  ウォルフのこの時期を「霊感の噴出」と呼ぶ人もいるが、まったくの無から創造するのではなく、ほかからの刺戟をもとに、自分独自のものをつくりだしている点がみそである。作風としては、和音の拡大と分散、頻繁な転調、声とピアノとの対話的性格などが指摘されているが、これも躁状態における連想能力の亢進(流暢性)に帰せられるであろう。

3ヶ月で43曲のリートを作曲したとか、2ヶ月で51の詩に曲をつけたとか、おそるべき「連想の洪水」である。

「まったくの無から創造するのではなく、ほかからの刺戟をもとに、自分独自のものをつくりだしている点」は、Ayuが曲に詞をつけているのと(逆の行為だが、ほかからの刺戟でつくりだす点で)同じである。Ayuの場合も、「共感覚の亢進」が起きているのだろうか。

2006.11.20 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/889-b132719c