FC2ブログ


=LOVE赤岳登山―前編

の続きを見た。

前回は誰が誰だかわからない状態だったが、今回は何人かは分節できるようになっていた。

登山の行程は以下のとおり。青字部分はオイラが書いたもの。

出発地点
  ↓    沢路
赤岳鉱泉
  ↓    峠越え
行者小屋
  ↓    文三郎尾根
赤岳山頂

国土地理院の地形図では以下のとおり。



行者小屋から文三郎道分岐までの約400弱mの登り。

前回はメンバーの音嶋莉沙と齊藤なぎさが遅れていたので、どうするかが問題になった。音嶋は登りたい。齊藤はどうしたらよいかわからない。ほかのメンバーはやめても良い。←こんな感じ。で、ガイドが途中の森林限界まで行って様子を見ることに…。

森林限界まで来ると、音嶋も齊藤も登りたいと主張するが、ほかのメンバーは心配だという。オイラから見たら、ふつうにしゃべってるし、ぜんぜん大丈夫に見えるんだが…。ちなみに、ホントにダメな人は無口になるからね。結局、ガイドに「ここまで」って言われたら、戻ることになった。ここからはアイゼン着用です。

ほかのメンバーで目立っていたのは、登山がぜんぜん苦じゃない瀧脇笙古と、ベリカ(渡辺梨加)に似ている山本杏奈。山本ってリーダーなんだね。最年長の諸橋沙夏がポンコツ(とさしこが言っていた)で、二番目の山本がしっかりしているって、48/46グループの伝統ですか?w

途中、8合目で「クリスマス告白選手権」とかやらされてましたね。スタッフはアホですか?w

稜線上の文三郎道分岐で今回はオシマイ。ここまで階段だったけど、ここからは鎖場です。w

2017.12.19 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/9034-2e5e37a0