FC2ブログ
大槻義彦氏がワラカしてくれた。w

23日放送の「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル」(テレビ朝日系)で早稲田大学名誉教授・大槻義彦氏が、超能力を見破れなければ「名誉教授の称号を返上します」と宣言。番組中では見破れなかったものの、収録後には解明できたとして、返上を拒否していたことがわかった。

同番組に出演するため、相手の考えを瞬時に読み取る"マインドスキャナー"の能力をもつティモン・クロース氏が緊急来日。スタジオ出演者たちの前で超能力を披露した。超常現象否定派の大槻氏は、ティモン氏に自身のiPadの暗証番号を当てるよう宣戦布告し、もしも当たったら「早稲田大学の名誉教授の称号を返上します」と自信満々に語っていた。

だが、大槻氏があらゆる手を講じても、ティモン氏に暗証番号を当てられてしまう。大槻氏はその場でマインドスキャナーを見破ることができず「名誉教授は返上します。ただし1カ月考えます」「私のブログに1カ月考えて、(マインドスキャナーの)からくりが分かったらそれを書きます」と悔しそうに話したのだった。

一方で、番組収録後と思われる12月10日、大槻氏は自身のブログを更新していたのだ。マインドスキャナーについて「そんな超能力あってたまるか!」「『マインドスキャナー』には初めからウソがある」と指摘する。

大槻氏は、ティモン氏がマインドスキャナーと言いながら実際には暗証番号を紙に書かせていた点に着目。暗証番号を書いた紙のそばにiPadを置いていたことから「なんとiPadの表面には見事に紙の裏の数字が写るのだった」とトリックを推理した。そして紙には和数字を書くべきだったと悔やみつつ、「当然のことながら『脳のスキャン』などという超能力は否定されました」と断言。「大学の名誉教授の称号など返上しません」と記していた。

大槻義彦氏 番組内で名誉教授の称号返上と宣言も、収録後に拒否

《暗証番号を書いた紙のそばにiPadを置いていたことから「なんとiPadの表面には見事に紙の裏の数字が写るのだった」とトリックを推理した》←どういうことなんだろう。そんなこと可能なのか?とむしろ疑ってしまう。

この人、以前から山口敏太郎に、プラズマの技術を米軍に売ったとボロクソに叩かれたり、宇宙からの電波の中に地球上の言語ではない言語が確認されていると言ったとバラされてたりしているので、またやらかしたんだろうな。w

2017.12.31 | 心霊 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/9064-11500349