FC2ブログ



ありがと ありがと 私はどこに流れてくの
おやすみ おやすみ まだ見たいものがあるのでしょう





霞道 / 一青窈


長濱ねる(欅坂46)@眼鏡橋
映画「ペコロスの母に会いに行く」


ユウイチ(岩松了)は長崎に生まれ、長崎で暮らすマンガ家だ。母親ミツエ(赤木春恵)は、父親が亡くなって、認知症となる。ユウイチは、仕事を抱え、息子とふたりで母親を介護する。しかし、夫が亡くなっていることも忘れ、徘徊癖があり、直近の記憶が飛ぶ母親を介護するのは無理。ユウイチは母親を介護施設に入れる決心をする。



認知症が進行し、息子の顔も忘れるミツエ。しかし、ユウイチのハゲ頭を見ると、ようやく息子と気づくのであった。



長崎ランタンフェスティバルの夜、奇跡が起こり、眼鏡橋の上でミツエは、父ちゃん(加瀬亮)、タカヨ(原爆で死んだ妹)、チエコ(原爆症で死んだ幼馴染み=原田知世)と出会うのだった。



ユウイチと車椅子のミツエは、ベビーカーを押す若い母親(若い頃のミツエを演じた原田貴和子)とスレ違う。ユウイチの一言「ぼけることも、悪かことばかりじゃなかかもしれん」。

2018.02.24 | └ You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/9259-bbc8026d