FC2ブログ
この日、丹沢主脈縦走を試みました。丹沢の主脈とは、塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳、黍殼山、焼山のことです。ふつうは途中で泊まって、2日かけて歩くものなのですが、それを1日で歩こうという、かなり無謀な計画でした。

このために食糧を買い込み、山の上でも食事ができるようにストーブなども用意しました。荷物が多いので、大きなザックを用意しました(←大きすぎてこれ以来使ってないよ)。いつもとちがって重いザックを背負って出発しました(←これがのちのち災いに)。

私はけっこう山を速く歩けるのですが、それは軽装にぎりぎりの食糧という、まるでゼロ戦のようなスタイルだからです。しかし、今回は荷物が多いため、そのように歩けそうもありません。
大倉を出発したのですが、いつものようには歩けず、すこし焦りました。さらに、健脚オジサンに抜かれたため、_| ̄|○な気持ちになりました。

塔ノ岳に着くと、雪がかなりなくなっていて、歩きやすくなっていました(アイゼンは荷物と化しました)。塔ノ岳と丹沢山の途中でシカの群れと遭遇しました。シカたちは、倒木をぴょんぴょん越えてどこかに行ってしまいました。

丹沢山につくと、食事の用意です。いままでは、冷たいオニギリを食べていたのですが、ストーブでお湯を沸かし、レトルトカレーとご飯を温めて、カレーを食べました。となりのオバサンのグループがオレンジ・ジュースを飲んでいるのを見ると、たまらなく飲みたくなりました。

丹沢山から蛭ヶ岳の間には、不動の峰、棚沢ノ頭、鬼ヶ岩ノ頭などがあり、登ったり降りたりで、時間も体力もかなり消耗しました。蛭ヶ岳につくと、蛭ヶ岳山荘の前のベンチで寝転んで休息しました。ここから下りなんですが、蛭ヶ岳山荘にいたイヌがなぜか私についてきてしまいました。もう(・∀・)カエレ!よっていったんですが、イヌは地蔵平あたりまでついてきました。

姫次につくと、黍殼山、焼山と行って、西野々に下りるのは不可能になりました。そこで、八丁坂ノ頭から上青根を経て東野に下りることにしました。八丁坂ノ頭の下り道には「マムシに注意!」という看板がありましたが、この季節なら大丈夫だろうということで、降りることにしました。

例によって、ここから先は時間の記録がありません。ただ、東野に下りたとき、18:36のバスに乗る予定の記録があるので、それよりかなり前に下山しました。でも、バス停についたときは真っ暗でした。(泣)

大倉[7:30]―(1:00/1:30)―堀山[8:30]―(0:20/0:10)―[8:50]小草平[9:00]―(0:15/0:20)―天神尾根分岐[9:15]―(0:40/0:40)―金冷し[9:55]―(0:20/0:20)―[10:15]塔ノ岳[10:25]―(1:10/1:00)―[11:35]丹沢山[12:20]―(0:55/0:45)―棚沢の頭[13:15]―(0:55/0:35)―[14:10]蛭ヶ岳[14:20]―(1:13/0:50)―原小屋平[15:33]―(0:42/0:15)―姫次[15:50]―(0:25/0:20)―八丁坂ノ頭[16:15]―(0:45/1:05)―分岐[17:00]―(0:45)―東野[18:36*]
  場所[出発時]―(実測/想定コースタイム)―[到着時]場所
  八丁坂ノ頭と東野の間の分岐から後は時間が不明。
  * 帰りのバスの時間。これより前に下山している。


◎地図


標高/距離←クリックすると図が開きます。
○距離 21.2km
・雨乞岳 546m
・堀山 943m
・天神尾根分岐 1128m
・塔ノ岳 1490m
・丹沢山 1567m
・不動の峰 1614m
・棚沢ノ頭 1590m
・鬼ヶ岩ノ頭 1608m
・蛭ヶ岳 1673m
・地蔵平 1276m
・袖平山 1432m
・八丁坂ノ頭 1241m

2005.12.07 | ├ 登山 過去ログ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/93-0c97185d