FC2ブログ


BS12で「王女未央」という中国時代劇をやっていて、「世界史」に疎い妹が時代背景がまったくわからないので教えてくれというので、調べて教えてあげた。ちなみに、妹が「世界史」に疎いのは、不勉強だったからではなく、高校の世界史教師がガチサヨで、世界史の授業をせず、サヨク話を開陳していたからであって、ソイツの責任である。



王女未央 BIOU

中国史の「南北朝」時代は、北魏による華北統一(439年)から隋による中国統一(589年)までだが、均田制を導入し、大同から洛陽に遷都して漢化政策を行った北魏の孝文帝は、どの「世界史」の教科書にも載っている。しかし、彼の治世の前半は、馮皇后(太皇太后)が支配しており、均田制は彼女によって導入された。このドラマの主人公・李未央=馮心児は馮皇后がモデルである。

ドラマでは、李未央は北涼王の娘ということになっている(下図)。



しかし、下記のとおり、馮皇后は北燕の皇族であった。

主人公の李未央(馮心児)のモデルとなったのは、北魏の文成文明皇后(馮太后)。父・馮朗の家系は五胡十六国時代から南北朝時代初期にかけて遼東を支配した北燕の皇族であったが、この北燕は北魏により滅ぼされ、馮朗は北魏に降って重用されていた。しかし馮朗は罪を問われて誅殺され、身寄りをなくした幼い馮太后は、北魏の太武帝の左昭儀(後宮における称号で皇后に次ぐ地位)だった叔母の馮氏に従って後宮入りした。その後、太武帝の孫、第5代皇帝・文成帝の皇后となった。

見どころ

このドラマのキャッチフレーズに「衝撃の再生回数230億超え!」とある。BS12は昨年も「武則天 -The Empress-」(唐の則天武后の時代劇)を放送していたが、「中国時代劇歴代視聴率No.1」とある。



武則天 -The Empress-

どうも、美人で頭が良く苦難を乗り越えて出世する女性のドラマが中国人は好きらしい。w

2018.03.22 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/9345-45e1a74c