FC2ブログ
5月21日朝、エベレスト登頂中の登山家・栗城史多(くりき・のぶかず)氏が亡くなった。

 登山家の栗城史多氏がエベレスト下山中に死亡したことが21日、わかった。栗城さんのフェイスブックで発表された。35歳だった。

 公式FBによると、「このようなお知らせに成り大変申し訳ございませんが、エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました」と死亡したと報告。下山途中に無線連絡に反応がなくなり、キャンプ2近くの撮影隊が捜索、「先ほど、低体温で息絶えた栗城を発見いたしました」と亡くなった状況を説明した。

 栗城さんの事務所関係者は「生きて帰ることを誓っておりましたのに、このような結果になり大変申し訳ございません」「生きて帰るために執着しないと誓っておりましたのに、最後に執着してしまったのかもしれません」とFBにつづった。

 栗城さんは4月から8度目のエベレスト登山に挑戦中で、20日にはFBに「今、7400mのところに来ています。今は、このエベレストを苦しみも困難も感じ、感謝しながら、登ってます」とつづっていたが、日本時間の午前中に「(栗城中継班より)栗城は体調が悪く、7400m地点から下山することになりました」と報告されていた。

 栗城さんは1982年北海道生まれ。大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸最高峰を上り、8000メートル峰4座を無酸素、単独登頂に成功している。2012年秋にエベレストで重度の凍傷となり、手の指9本を失うも、14年にブロードピークに無酸素・単独登頂している。その後15年、16年にエベレスト登頂に挑むも途中下山。今年4月17日から8度目の登頂に挑戦中だった。

指9本失った登山家・栗城史多さんが死去 35歳 エベレスト下山中に低体温で

彼については、すでに登山ライターの森山憲一氏が批判していたので、以下のブログ記事を読んでほしい。

栗城史多という不思議
栗城史多という不思議2
もうひとつ、嘘がいけない理由があります。どちらかというと、こちらのほうが問題は大きい。それは、栗城さん自身が追い込まれていくことです。応援する人たちは「次回がんばれ」と言いますが、このまま栗城さんが北壁や西稜にトライを続けて、ルート核心部の8000m以上に本当に突っ込んでしまったら、99.999%死にます。それでも応援できますか。

栗城史多という不思議2

そのとおりになってしまったわけだが、そんな森山氏も今回の死には驚いているようだ。

「挑戦については例年通りのことで、今年も登頂成功というニュースはこないと思っていました。まさか、亡くなるという結果になるとは予想していませんでした」

エベレストで死亡、栗城史多さん 彼の挑戦は「無謀」だったのか?

栗城氏をあつかったテレビ番組はいくつも放送されており、そのうちの1つを見たことがある。まだ指を失う前のことだ。

彼は動画を撮りながら登山するのだが、そのカメラに雪山で遭難死した登山家の遺体が映っていた。もちろんボカシ入りでだが…。遺体があっても運ぶことはできない。カチカチに凍っているので、腐ることはない。そのまま残されていた。

まさか、数年後、自分がそうなるとは思いもしなかっただろう。

その後、指を失ったことを知り、その理由が…。orz


山で転んで複雑骨折した高齢男性を見て登山をやめたヘタレのオイラ(もちろん警察に救助を要請しましたよ。念のため…)。指抜きグローブといえば、自転車乗りの必需品だが、さすがに冬は付けません。寒いから…。

今回の死も、日本と海外ではちがって伝えられている。



日本では下山中に亡くなったことに…。しかし、



《[標高]8,850mの山体の7,400m地点にあるキャンプ2のテントで就寝中に亡くなっているのが発見された》

《「シェルパたちは彼の遺体をテントの中で見つけた」と[観光省の役人]Shrestha氏はロイターに語った》


ウソは時として死を招くことがある。…という教訓を与えられたわけだが…。



この人からも…。

2018.05.22 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/9546-dbd64e60