FC2ブログ
五頭連峰で行方不明となっていた親子が遺体で発見された。


 新潟県警は29日、同県阿賀野市の五頭連峰で男性とみられる2人の遺体を発見した。県警は、今月5日から同連峰に入り、連絡が取れなくなっていた新潟市北区の渋谷甲哉(こうや)さん(37)と長男で小学1年の空(そら)さん(6)とみて身元確認や死因の特定を進める。

 県警阿賀野署によると、29日午前11時20分ごろ、県警ヘリコプターが、連峰内にあるコクラ沢の斜面(標高580メートル)で、うつぶせで寄り添うように倒れている2遺体を発見。ヘリで収容した。服装などから渋谷さん親子とみられるという。

 同署によると、発見場所は松平山(954メートル)と五頭山(912メートル)をつなぐ尾根沿いの登山道から西へ約1.5キロ離れた場所。尾根を縦走する際に道を誤るとたどり着きやすいという。同署は2人が沢づたいに下山しようとしたが、沢の先にある滝に行く手を阻まれ、力尽きた可能性があるとみている。行方不明時、付近の山々には雪が残り、雪解け水で沢の水量も増していたという。

 渋谷さん親子は5日午後2時ごろ入山。同8時過ぎ「道に迷ったのでビバーク(野営)する」と電話があり、翌6日朝「これから下山する」と再び電話後、行方不明になっていた。

 県警は当初は親子が向かったという情報のあった赤安山(582メートル)を中心に捜索。その後、松平山の登山口で渋谷さんの登山届が見つかったほか、親子の目撃証言もあり、8日以降は捜索の範囲を広げていた。

 また、県警は同署が遭難を認知したのは6日午後6時ごろだったと説明していたが、実際はその9時間近く前に駐在所の警察官が家族から相談を受けており、家族に初動の遅れを謝罪している。

 同署は29日、「捜索に携わってくれた全ての人に感謝する」との家族のコメントを発表した。【井口彩、北村秀徳】

 五頭連峰の登山に詳しい新潟山岳会の阿部信一会長(70)の話 この時期でも斜面には雪が多く残り、登山道から外れて沢に迷い込んでしまったのではないか。周辺には高さのある滝が連続する場所もある。この時期に沢を下るにはロープなど一定の装備や技術がないと初心者では非常に厳しい。

五頭連峰 新潟の親子か、2遺体発見 6日から連絡取れず

この行方不明事件、同じ新潟の女児殺害事件とほぼ同じ時期に発生し、そちらがスピード解決したのに対して、こちらはなかなか見つからなかった。

行方不明となった直後に松平山に登った人(当初は松平山に登ったとは知らされていなかった)が、松平山には尾根が多く、山頂の残雪が登山道を見失わせるので、親子が登って来た道(魚止滝→山葵山→松平山)を見失って、べつの尾根道に迷い込んだのではないか、と書いていた。事実、五頭山への縦走路に迷い込み、さらにコクラ沢に入り、そこから出られなくなってしまったようだ。

道に迷った段階で、無理に下山せず、その場所に留まり、救援を求めれば、こんな惨事にはならなかったであろう。また、「山で迷ったら、下るのではなく、登る」という鉄則を守るべきであった。それは迷探偵コナンも「山頂は一つ!」と言っているようにw、上に登れば尾根を通る登山道に出ることができるからだ。

2018.05.30 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/9570-86f7bf38