FC2ブログ
山岳事故は悲惨です。さいわい山岳事故にあったことはないのですが、複雑骨折した登山者をハケ~ンしたことはあります。

『平成15年 警察白書』によると、下の表のように、発生件数、遭難者数ともに増加傾向にあります。そして、最近の山岳遭難の特徴として、(1)遭難者に占める中高年登山者の比率が高いこと、(2)体力および技術の不足のほか、気象判断の誤りや装備の不備、登山計画書の未提出等の登山の基本的な知識や行動を欠いたことによる遭難が多いこと、(3)遭難が発生した際に自救能力のないパーティーが増えていること、(4)ツアー登山では、ガイドの人員不足、経験不足によりガイドが登山に同行していながら遭難するケースが増えていること、があげられています。

年   次19981999200020012002
発生件数(件)1,0771,1951,2151,2201,348
遭難者数(人)1,3411,4441,4941,4701,631
  死者・行方不明者251271241243242
  負傷者439555635615684
  無事救出等651618618612705
出動警察官数11,60012,00011,70011,69111,721
2ちゃんねるの登山キャンプ板には「♪パンパカパ~ン♪ また死にますた」というスレがあって、山岳事故が曝しあげられています。人の不幸を笑うのは問題だけど、ホントに驚くような事故の例がありますね。

たとえば、北アルプスで遭難しそうになった香具師が、長野県警ではなく、岐阜県警に携帯連絡した話…。長野県警は民間ヘリを飛ばすので、1回あたり100万円かかる。だから、県警ヘリを飛ばす(=お金をとられない)岐阜県警に連絡したというんです。

あと、立ち入り禁止の沢に入って遭難したのに、なかなか助けに来なかった(来れなかった)警察を知人のサイトのBBSで非難した香具師がいました。これなど、抗議メールが殺到した知人こそいい迷惑でした。

2004年は「自己責任」がうんぬんされましたが、登山こそ自己責任で行うものです。だから、遭難しないように努力しないと…。オイラもパンパカされないように気をつけなくちゃ。w

2005.12.08 | └ 登山の知識(初心者) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/98-953cef9f