FC2ブログ
理稀ちゃんの生存を「奇跡…奇跡…」って騒ぎすぎ。w

  理稀ちゃんの3日間の足取りは不明だ。気象庁の観測データによると、理稀ちゃんがいなくなった12~14日は、周防大島の天気は晴れで、最も涼しい早朝でも25度程度。最も暑い14~16時頃には33度に達しており、かなり過酷な環境だった可能性もある。ただ、発見現場の近くには沢が流れており、水がきれいかどうかはともかく、水分は補給できていた可能性とみられる。

2歳児「3日サバイバル」に医者もビックリ 「水」「食料」「高温」の謎

木があるだけで、蒸散効果で気温が2~3℃下がるんだが、知らんのか? 発見場所の沢は樹林帯なんだから、そんなに暑くならんだろう。そして、子どもが足を沢の水に浸けていたと発見者が言っていたが、それだけでずいぶん涼しくなるはず。つまり、何も知らん人が記事を書いているというわけ。w

沢の水が病原菌で汚染されていることはしばしばある。しかし、この川の水は、取水装置で取り入れられ、おそらく飲用水になっている。「この奥で理稀ちゃんが見つかりました」とリポーターが話している後ろに取水装置がしっかり映っていた。やっぱり何も知らない人たちなんだな。w

「お水を飲んでいたことで脱水にならなかった、軽く済んだということもあるかもしれない。ただ、2歳の方でうまく手ですくって飲んだのかなぁ、というのは疑問が残る」

「お子さんは結構外気の影響を受けやすく、熱中症になりやすい」

「本当にこれ(編注:3日間何も食べていないとみられること)についてもびっくり。奇跡かなと思います」

同上

一昨年、親に置き去りにされた7歳の子どもが自衛隊の演習場内の施設で6日間過ごした例があったはず。

行方不明の小学生発見

2歳児ではあるが、奇跡ではないだろ。しかも、それを言うのが医者って…。w

この子の生命力とか、発見者の素晴らしさを強調することで、捜索した警察や消防の無能ぶりを隠す気なのか?w

2018.08.16 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/9832-c5d622b6